poco a poco.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

地面 

広い遊歩道に植えられたポプラの木の下。
毎日前を通っていたけど、ここにあるベンチに目が留まったのは今日がはじめてだった。

コンビニ、つまりコンビニエンスストアで買った肉まんと唐揚げとホットコーヒーを食べたくて、ベンチに近づくと先客があった。

最初のベンチには毛布を何重にも巻いた人が段ボールの敷き布団と掛け布団を寝てて、
次のベンチの住人は寝袋に入り、デイバッグを枕にして寝ている。
どちらも顔が隠れているから性別・年齢不詳。
間近でホームレスを見るのははじめてだった。
天気予報で最高気温は7度とかって言ってた。結構寒いよな。
もっと段ボールを拾ってくりゃいいのにとか、駅とかで寝た方が雨が降っても平気なのにとか。
そんなことを考えはじめている自分に、俺がいちばんびっくりした。

3つ目のベンチにはサラリーマン風のおじさんが座っていて、
既に読み終わった新聞と缶コーヒーが傍らに置いてあった。
腕組みをして目を閉じている。寝てんのか考え事をしてんのか分からない。


RIMG0257.jpg



突然の不況と失業。
毎日ニュースで流れていることが俺自身にも起きたけど、
経済評論家とか労働組合の理事長とか、
どうやったらなれる職業なのかよくわかんない人たちが、
深刻そうに話すほどには当の本人は痛く感じてない。


でもな、路上生活はきついよな。
きつくってもそうせざる負えなくって、あの人たちはここにいるんだろうけど、、
ああダメだ、俺ってそういうこと考える脳みそがないんだよな。
段ボールとか駅とか、考えられるのはそれくらいだもん。

7月にワンルームマンションを追い出されて、
付き合い始めたばかりの彼女の部屋に転がり込んで、
借金のことを含めて全部おかんにばれて、夏の終わりくらいから小さい鉄工所で働くようになった。
本当は、短期バイトにしようかって思ってたんだけど、
彼女にこれはどう?ってフリーペーパーに載ってる広告を見せられて、
考えてもなかった仕事だし、面接だけでも受けてみるかって感じだった。

車とか電化製品の金型を作っているところで、
工作機を操作したり、ちょっとした設計みたいなのをやったり、意外と面白いかった。
昼は社長の奥さんの手作り弁当だし、笑っていいとも!とか見ながらみんなで食べて、
和気藹々っつーのかな、そういう感じのところだった。

12月に入ってすぐ。まだ試用期間だった俺が一番だった。

本当に悪いね、申し訳ないね。
60過ぎたおじさんに作業帽を脱いで深々と頭を下げられて、ホント俺、もう少しで泣きそうだった。
俺、もともと向いてなかったんだってそのときに思った。
どうせ契約社員だったし、こっちだって当面の資金が欲しかっただけだし。
なのに、向こう側はあんなに重いんだなって。

確かに居心地はよかったけど、あんな風に重いものをしょって働くつもりもなかった。

年末の最終日に同じ現場で働いていた人たちが、小さい送別会を開いてくれて、
俺は正直にそう言った。
怒られるかなあって思っていたら、そんなもんだと言われた。

男は嫁さんもらうまではそれでいいんだ。

バツイチで酒とパチンコに給料のほとんどをつぎ込んでるおっちゃんの言うことに説得力はなかったけど、
頭を下げられたときに感じた、あの変な罪悪感は消すことはできた。


仕事が決まったときにおふくろに電話をしてから、彼女とおふくろが妙に仲良くなっちゃって、
言ったら筒抜けだよなあ。なんて、気にしているうちに彼女に言いそびれた。
調子に乗って年末は温泉に行こうなんて言ってたから、
予約もしていたし、彼女も上機嫌だったから温泉地の旅館とか泊まってしまった。

余裕と思っていた貯金もあっというまに桁が減って、やばいやばいって思っているうちに年明け。


それで今日なんだけど、初出勤とか言って彼女の家を出てきてしまった。
ハローワークにでも行くかって入り口まで行ったけど、すっごい人でびびった。
やっぱ、重い。こんなに重くないんだ、俺。

生活掛かっているようで掛かってないし、
これといってやりたいことがあるわけじゃない。
なんとなく憧れていた設計も、一度やってみたらそうでもないかなって思った。
基本中の基本を覚えたところでクビになったし、
面白さなんて感じる間もなかったんだけど。

俺って怠け者なのかな。
ハローワークに行って、列に並んで次の仕事を探す。
仕事をなくした人がみんなやってることが、重いなんて、やっぱ甘えてるよな。


冷めかけた肉まんと唐揚げを食べてしまったら、本当にやることがなくなって、
じわじわ寒くなってきてるわけだけど彼女の家に帰る気にもならない。
そうやって何も考えずにいたら、いつのまにか俺は地面をじっと見ている人になってた。
赤茶色い煉瓦がきっちり埋められた地面。
これって地面なんだろうか、土とか石ころのある地面を最後に歩いたのはいつだったっけな。

どうして嘘をついて家を出たりしたんだろう。
俺はクビになったことなんて、どうってことないって今まで思っていたけど、
本当は結構落ち込んでるのかもしれない。
お昼の手作り弁当、笑っていいとも、煙草休憩のときの雑談、鉄の種類、機械や工具の名前。
年齢も出身地も経歴も違う男の人たちと一緒に働いていたことが、今となっては嘘のように感じる。

我慢できないくらい寒くなってきたと思ったら、雪がちらつきはじめた。
図書館にでも行こうと歩き始めたら、あのサラリーマン風のおじさんはもういなくて、
段ボールと寝袋の人は、さっきとまったく同じ様子だった。


つづく


スポンサーサイト
[ 2009/01/07 20:08 ] story | TB(0) | CM(6)

台風の色。 

台風が近づいているらしい。
のっぺりとした薄雲を蹴散らして、汚れなき白無垢みたいな入道雲がぴかぴかと遠くで光っていたのに、昼を回った今は西の空は厚い雲に覆われている。

RIMG0199.jpg


銀行のローンカードの返済が厳しいのを通り越してどう足掻いても無理になってきていた。友達にも1000円とか2000円とかせこく金を借りているし、彼女にはたぶん5万円くらい借りている。
とにかくこのままじゃあ四面楚歌なんで、腹を決めて働くことにした。
国破れて山河アリってやつだよ、まったく。
とりあえずはシフトで長時間入れるところにしようと、フリーペーパーに乗っていたカラオケボックス店に電話したのが昨日。面接は土曜日の午前中と言われたけれど、そういわれた途端に自信がなくなった。面接まで4日もあるなんて、どうしてもっと早くしてくれないのか。4日もあれば、2万くらい稼げるかも知れないのに。
それよりも4日も空けられたら、バイトなんてやる気がなくなるに決まってる。
それにしてもまさか台風が来るなんて。
土曜日の朝に雨が降っていたら、面接にいける確率は50%。
嵐になっていたら25%。

そして今日はやけに暑い。南からの風のせいか、向かいの高層マンションに設置された無数の室外機のせいか、とにかくこんなのしらふで我慢できるわけねえや。

冷蔵庫にビールがある。それは知っている。
働きもしないで、昼間からビールを飲む。
天国みたいな話だけど、本当はそうじゃない。
昼間からビールが飲めるのに、飲むのが後ろめたいというか、とうとう彼女ときたらわたしが帰るまではお酒を飲まないでと言い出した。
エアコン。つまり、エアーコンディショナーは電気代がかかるからかけられないし、冷蔵庫にあるビールも飲めない。そんなアホな話ありまっかいな。

インターネットで別のアルバイトを探してみる。コーヒーを冷凍庫で冷やして飲んでみる。
台風の予想経路を何度も見る。沖縄とか四国の天気とかも見てみる。

焼け石に水だよな、これ。
自分の家があったらなあと思う。家賃を2ヶ月滞納しただけで、強制的に追い出されてしまった。敷金ゼロだったけど、出るときにはお金がかかる仕組みで、煙草で壁紙が黄色いからって7万も取られた。信じらんねえ仕打ちじゃねえの、これ。

付き合い始めたばかりの彼女の家に転がり込んだものの、もちろん大歓迎なわけもなく、
せっかく毎日一緒にいるのに、あれもやらしてくれなくなった。
しょうがないからビデオでなんとかしたら、ゴミ箱のティッシュを見つめながら泣いて怒られた。
なんで、あんなことで怒るんだろう。欲求不満かな。だとしたら本末転倒ってやつじゃねえの。
迷惑なのは分かってるからなるべく早くお金を貯めて、家を借りるからって言ったら、
そういうことじゃないって言われた。
え?そうじゃねえの?ますます分からなくなってきた。
なんて言ったら、さらに怒られるんだろうなあ。

正直言って、このままじゃあケツかっちんなのはよく分かってる。
だからってカラオケ屋やコンビニ。つまりコンビニエンスストアでバイトして繋いでいくことにどういう意味があるっていうんだろう。
いまいまの金は確かに大事だけど、いまいまの金に、今の時間を使ってしまったら、
もう少し未来の俺はずっと変わらないままいまいまの金のために働き続けることになるんじゃないのか。
こういう不安って、やっぱり付き合い始めたばっかりの彼女には言えないんだな。
言って否定されたときは、出ていかないとダメだし行くところないしな。

いよいよになったら静岡とか愛知の方の住み込みの仕事をやってみようかと思ってはいる。
それだったらいまいまの金を期間限定で作って、あっさりこの悪循環から足を洗って、
専門学校を卒業してたときに思っていたように、設計の道にもどるとかさ。

これって夢みたいな話なんだろうか、って俺はその程度の夢も見ちゃいけねえのかな。

おふくろが帰ってこいってうるさい。
最近は一日おきに電話が掛かってくる。
大丈夫だよ、かあちゃん。俺、就職決まったから。
そう言ってるのに一切信用しない。
また嘘をついて!
なんで分かるんだろうなあ。昔からすぐにばれるんだよな。
家を引き払ったときに、郵便の転送くらいかけておけば良かったのにそれをし忘れたのがわるかったかな。

ああ、ビールが飲みたい。もう我慢とかしてるのばからしいよ。


屋上でビールを飲むことにした。冷蔵庫から、ビールっていうか発泡酒とカニカマを持って部屋を出た。部屋を出ただけですっとする。外は風が通ってたんだ。

階段を上って屋上に上がった。わけのわかんねえ空になってた。

RIMG0217.jpg

空中に散らかした雲にいろんな色がついていて、きれいだなと思う反面、心細いような気持ちになった。ちょっと目を反らしている隙にぐいぐい流されている雲もあるけど、停滞したままのうすっぺらい雲もある。

RIMG0222.jpg

RIMG0228.jpg


俺は今とんでもない方向に流れていっているのか、
流れているつもりで同じ所をくるくる回っているだけなのか。ぜんっぜんわかんねえ。

老人と海のじいさんが羨ましいな。
俺もでっけえ魚と命がけの、男の闘いみたいなのがしてえ。
それから、海の真ん中に放り出されても絶対帰れるって思うくらい、自分を信じてみたい。


何いってんだろ、俺。夕焼けなんか見てしんみりしてら。


RIMG0236.jpg


ケツのポケットに入れた携帯が鳴ってる。おふくろだろうな。

ビールのプルタブを引いたらいい音がした。台風の強い風が吹き下ろしてくる。
うまいな。やっぱビールはうまい。
なんで今まで屋上で飲まなかったんだろ、勿体ないことをしてきたな。
彼女と一緒にここで飲んだら、少しは機嫌がよくなるかな。


携帯は鳴り続けている。おふくろは諦めが悪いんだ。
そう、俺のことになると特に。

ずっと同じだと思っていた空は、西の小さなオレンジを残して、深い藍色になっている。

しょうがねえな、帰ってやるか。
俺はビールを半分くらいまでぐいぐい飲み干して、ゆっくりと携帯に出た・・。

「かあちゃん、あのさあ、、とりあえず金貸してくれない」

おふくろの情けない声が、真っ暗な屋上に漏れた。

「なんぼなの?」

RIMG0246.jpg



[ 2008/07/17 21:48 ] story | TB(0) | CM(8)

春の雨。 

R2517453.jpg


10数年前になるだろうか。ちょうどこれくらいの季節だったと、団地の入り口で雨宿りをしていて思い出した。
重苦しい社での打ち合わせを切り上げて、週末最後の山陰行きの特急に滑り込んだ。妻とくだらないことで大喧嘩になり、放っておいたら実家に帰られてしまった。それも放っておいたら周りがうるさく言い始め、迎えに行かざる負えなくなってしまった。
どこにもぶつけようのない腹立たしさと、果たしてどんな顔をして会えばいいのかという気恥ずかしさもあって、妻にはその特急に乗ったことは伝えていなかった。

桜も散ってしまい花冷えもなくなっていたが、行楽を楽しむには少し早いのか自由席は割合と空いていた。
歓楽街のネオンが過ぎ去り、同じような形をしたマンションの非常灯がちらちら横目をかすめ始めたあたりで、予め買っておいたビールをキオスクの袋から取り出した。
一口飲むと数十分前まで部下と交わしていた会話が蘇り、ビールの味も忽ち消えてしまう。
『なぜ、こんな状態になるまで放っておいた』
まるで、自分に言っているようじゃないか。そう声を荒げた若い自分を思い出し、なんとも照れくさくなる。

あの頃、もっとも余裕がなかったのは他でもないわたしだった。社会人になって数年経ち、ようやく部下の面倒を見るようになった頃というのは、なぜああも何もかも分かったように感じ、そしてそのように行動してしまうのだろう。
余裕のない酸欠状態のわたしの言動が、後輩たちに影響していたことは間違いなかった。彼らはとてもよくやってくれていたが、わたしはどこまでいっても満足できることはなく、そうあることが正しいと信じていた節があった。
天井を作ってしまったらそこで止まってしまうという、あの恐怖心は一体なんだったのだろう。
天井なんてものはもともとなく、意識して作らまいとするからできるのだと今となっては笑えるが、あのころのわたしはもしそのように助言できる先人と呼べる人があったとしても、聞く耳があったかどうかもあやしい。

口の中に広がるビールは旨いとはとても言えない味だったが、わざと喉を鳴らして半分以上を明けると、さすがに胸のあたりがすっきりとしてきた。ビールの飲み方も、下手くそな時だった。

何年もの間、煽るように空けるのが男の飲み方のように感じていたのだから、今となるとなんともったいないことをしてきたのだろうと思う。




[ 2008/04/18 01:16 ] story | TB(0) | CM(4)

ぼくは、 

これは、今週18歳の少年がおこした事件を知り、ニュースを見て、
わたしが創造したものがたりです。

真実とはまったく関係ないことはもちろん、
亡くなった方への配慮も欠けています。
何故こんなものを書いたのかというと、大変難しいですが、
人間の負の心を否定することはできても
消すことはできないからです。

負の心というのは絶対に誰もが持っているものです。

それが何かの原因によって大きくなり、
その負荷に耐えられなくなった心の持ち主は、
ある小さなきっかけによって、
常識的には考えられない行動をする。

人間の心の弱さが負の方向へ突き進んでいく原因は、
複雑であるけれどとても日常的であるような気もします。
簡単に家族とかではなく、
簡単に環境とかではなく、
さらに言えば、目に見えない大きな力が働いていることは間違いありません。

生まれつき悪魔だったわけではないのです。



非道な行為で他人の命を奪った者は、死をもって償うべき。

短絡的に決めつけてしまいがちな世論の流れがある中で、
その心の奥を想像してみることは無駄ではないと思うのです。

もちろんこの少年は一生を投じて罪を償わなければならないし、
きっとどこまでいけば償ったことになるのかも分からない。

家族を突然奪われた人の心が癒されるときがくるとも思いません。

彼は卑劣で身勝手な行為を実行した。
それを絶対に許してはいけない。
それでも、処刑することで犯罪は減らない。
死刑は抑止力にならないと、わたしは思います。



こういう内容なので、読みたくない人はここまでにしてください。





[ 2008/03/29 23:26 ] story | TB(0) | CM(2)

幹彦の場合。 ー おまけつき ー 

咲子の場合。

奈美恵の場合。

紀夫の場合。

ニャンタマの場合


「わたし、スペイン旅行に誘われているの」
 夕食も終わりかけたとき、妻の咲子が突然そう言った。スペイン。彼女は確かにそう言った。ここ数週間、俺の頭の中から一日たりとも消えたことのない国の名前を、他の誰でもない咲子が口にしたのである。
 彼女が同窓会に出席するために東北へ1泊2日の旅行に出掛けたあと、俺はなんだか大変だった。大変だったとは言っても、実際のところ何も起きてない。起きてないから今こんなに動揺するのかも知れないし、起きていたら椅子からずり落ちていたかも知れない。

ニャーゴ。

 俺の心を見透かしたように、ニャンゴロウがすり寄ってきた。足元を見ると、少し細まった目がこちらを見ていた。

長文故、クリックは用事を済ませてから↓

[ 2008/03/15 17:05 ] story | TB(0) | CM(6)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。