poco a poco.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

春霞。 

昼間窓を開けていると、
暖かい湿気を含む風が入ってきた。

ここはアジアだなあ。

今までの冷たい乾いたやつとは違って、
海の匂いを運んでくる、南からの風は、
これから始まる夏への段階を思い起こさせてくれる。

湿気を含む空は薄曇りで、
太陽の輪郭も霞んで見える。
空気の中の水分が多いと、
夕焼けの色も落ちにくくなるのか、
空はいつまでもぼやけたようなオレンジ色だった。

こちらもまだ書き始めることもできず、
本を読んだり、
浮かんだプロットを書き込んでみたりの生ぬるい一日。

夜になって洗濯物を取り込むと、
しっかりと潮の匂いがしていたり。

季節の変わり目。

何かと慌ただしかったり、ぼんやりしたりの繰り返し。
気がつくといつも眠くなってる。

こんな季節に生まれたら、
そりゃうかうかした人間になるわな。
スポンサーサイト
[ 2007/04/21 10:25 ] season | TB(0) | CM(0)

男か・・。 

お酒を飲んでいるときに時々、
あれもしかしたら?と感じることで、
今日、ああやっぱりと思ったこと。

周りの男性から同姓扱いされてるな、さては。

バルでいつもの二人と話していると、
いつの間にか熱くなっているし、

友達の旦那さんと話していると、
将来どんな仕事したいか的なおっさん話になるし、

今日ときたら、
大学生二人のいる席で、
三つ年上の営業さんに、
「えっと、旦那さんは仕事してるの?」

と聞かれて、へ?となっていると、

「あ、ごめんごめん、今男と話してる気分になってた。
男の人と話している時って、奥さん仕事してんの?とかってきくやん」

はあ、聞くかもしれませんね。
って、どんだけ男前やねん。
そんな甲斐性もないし、腕っぷしも強くないのになあ。

腕っぷしは関係ないか。

なんでだろうな。
そんなにおっさん臭いかな。
お色気だそうかな。

出そうと思ってだせるかね?そんなの。

電車で読んでる雑誌は、分厚い文芸誌です。

背表紙の広告は、紳士靴、大正漢方胃腸薬、しょ、照明??

もういいや。
NHK見たいから、この辺で。
[ 2007/04/18 10:25 ] hola!! | TB(0) | CM(0)

よき夜、よき友。 

いつものバルでいつもの飲み友と一緒に、
針中野在住の不良妊婦と沖縄以来の乾杯をして、
ただいま就活中の21歳の女の子、アンジェラちゃんと会った。

腹の中から蹴りを入れる暴れん坊の息子と触れあいたく、
不良妊婦のお腹の動きをに気にしつつ、話す話す。

アンジェラちゃんは長崎の女子大生で、
スペインに1年間留学してきたとか。
得意の語学を活かせる職場を求めて全国を奔走中。

見た目は大人しそうで、清潔感があって、しっかりものって感じで、
長崎なまりがとてもかわいい。
でもそんな素朴な雰囲気の彼女は、
希望の仕事ができるなら企業の大小は問わない
もちろん勤務地だってどこだっていい。という熱さ。

熱い人、まためっけ。

わたしの場合は、人見知りと言ったらいいのか?
新しい人と出会うと、なんともぎくしゃくしてしまう質。

が、しかし、昨夜はタイ人を出産予定のスペイン人妊婦(名称変更)がいるし、
酔っぱらい加減も斜め45度くらいでぐんぐん上がっていって、
いっぱい質問したった。(勝ち誇り気味)

お陰でかなり仲良くなれた。えらいぞわたし。

自分もそうだったけど、
何か明確な目標に向かっているときは、なんにも怖くないもんだな。
もし、それが叶わないことだったり、
どこかで妥協しなくてはならなくても、
別の世界で頑張って、
5年ごとか10年後にもう一回その夢を引っ張り出してくるのもよいと思う。

昔は高かった壁が以外と低くなっていたりするもんだし、
そう感じたときは、自分を素直に褒めてあげたらいいし、
やっぱり厳しいなと思ったら、軌道修正したらいいんだし。

夢人っていいな。
応援してるよアンジェラちゃん!

アンジェラちゃんと
おっぱいの大きくなったスペイン人(名称さらに変更)が帰った後は、
30代後半の三人が、いつも通りの熱湯トークを始める。

この辺りで飲み友は満腹感&眠気に誘われて脱出。

くだらない話&これが好きでこれが大嫌いな話&気に入った本の話&真剣な話・・などなど。
ころりん、ころりんと、なんとも言えないまったり玉を落としつつ、
ゆるい時間を過ごしてしまうのでありました。

気がついたら終電間近。酔っぱらい度は十分です。

まったく、どこの誰だろうか11時に帰るとか言っていたのは。
小さな反省もしつつ、
よき夜を過ごせた満足感で満たされました。

そして今夜も、よき友に乾杯!
[ 2007/04/13 10:27 ] practice | TB(0) | CM(0)

塩っ辛いおかず。 

会社の最寄り駅に、総菜屋ができた。
できた。とは言っても、最近できた訳ではなくて、
半年くらい前にできた。

帰るときに夕飯を作るのが面倒になって、
二・三回寄ってみたことがある。

総菜の種類は豊富で、
おそらく三十種類くらいある。

ひじきや大根の煮付けや、
もも肉の照り焼き、コロッケ、トンカツ、エビフライ、
イワシのしょうが煮、
八宝菜、小松菜の煮浸し、揚げ出し豆腐、
ハンバーグ、きんぴらゴボウ、ポテトサラダ・・。

煮付けとかは計り売りになっていて、
ちいちゃい容器に入れてレジに持っていく形式。

このちいちゃい容器に入れるのが、
ものすごく面倒くさい。
それに、それなりの量を買おうと思うと、
絶対100gでは済まない。
ということは、予算オーバー。

しばらく店内にいると、
冷蔵庫の中のものが頭に浮かんできて、
あれをこうしてみるか。と、思う。

ちいちゃい容器に入れてレジに行くよりも、
ちゃっちゃとおかずを作る方がましに思えてきて、
一回取ったトレーを元に戻す。
そんなこんなで、未だに一回も買えたことがない。
お総菜屋は、料理のヒントがいっぱいやね。

三月末に仕上げた小説ですが、
冷静に読み返してみると、
とても完成したと言える代物ではなかったです。
やっつけでええもんはできませんね。
手抜きの味は、それなりの味。ということでしょうか。

ということで、
手直しをするか?ということも考えましたが、
一度仕切ってしまったものでもあるし、
どうもそういう気分になれません。

新しいものを書くことにしました。

塩っ辛くなったおかずは、
我慢して食べるしかないですが、
小説はそうはいくまい。ということです。

今日の晩ご飯は竹の子ご飯です。
ちゃんとレシピを見て味付けをしました。
なんにつけ、基本は大事ってことかなあ・・。
[ 2007/04/10 10:27 ] practice | TB(0) | CM(0)

予測。 

我が家のすぐ近くにある公園で花見を兼ねて散歩してきました。
かなり大きい買い物袋を放置して、
春の草花を写真に撮ったり、
話しかけてきてくれたおばちゃんやお爺ちゃんと立ち話。

花は公園の人がきちんと手入れをしているもので、
あんな広い公園をきれいに保つのは大変だろうな~。
と、感心しました。
花見で宴会をしていた人もいたけど、
既に使用済みの炭が火だけ消して放置されていて、
どんな神経してるんだか?
と、ちいちゃく腹を立てる。

明日からまた会社。
先週から新入社員と新入生がわらわらと出没してきた。
いつもの電車が牛詰めになって、朝からふらふらになる。
2・3ヶ月もすれば徐々にピークがずれていって
平穏な日々が戻ってくるはず。

いつも同じ時間に家を出て、
ホームの同じところで新快速を待って、
似たような乗客と一緒に運ばれる。
昨日のコピーみたいに行動していると、
たまに酷く落ち込んでくるんで、
乗る場所を変えたり、
一本早めのに乗ったり。
そんな小さ過ぎる抵抗で、お茶を濁す。

この時期は、無理やりシャッフルされる感じで、
社内の雰囲気が凄く変わる。
こちらとしては、昨日と変わらぬ今日だけど、
社会に出たばかりの人たちは、
緊張したり、浮き足だったり、不安になったりの日々。
そこにきての満員電車は、まるで洗礼のようだな。
ま、慣れるのも時間の問題です。

お花見に行くのか知りませんが、
高齢の方の団体がハイキング姿で乗ってくることも・・。
いや、別にいいけど、こんなピークにのらなくっても。と、密かに思う。
絶対日帰りに筈なのに、リュック馬鹿でかいし。

でも、しようがないわな。
ハイキングツアーのペラパンフを持って、
楽しそうに話しているのを見ると憎めない。
お婆ちゃんもお爺ちゃんも一生懸命お洒落をしているのとか、
なかなか微笑ましいものです。

たまに本気で苛立ったりしている人いますけど、
そういうのはみっともないから、止めた方がいい。
お爺ちゃん押しのけて優先座席に座るとか、
いい大人がやることちゃいますよ。

いつか自分が通る道なんだし、
いっぱい働いて、人生をリレーして来てくれた人たちですよ。
大事にして当たり前。

そんなこんなで、
春の新快速は、予測のつかないことが多い。
満員電車の不快さを吹き飛ばすような、男前が現れないかな。。
[ 2007/04/08 10:28 ] practice | TB(0) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。