poco a poco.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ソムタム。 

バンコク-アユタヤに行ってきました。

何故かいつ行っても子持ちの友達がいるバンコク。
子連れの旅は得することばかりです。



タイ人は子供が大好きなので、赤ちゃんを見つけるとじっとしてられません。
掃除中であれ、接客中であれ、料理中であれ、
ソムタム(相方の子供のチューレン=ニックネーム)をみると、
目をキラキラさせて近づいてきます。

R2516349.jpg

その人の出身地にもよるみたいですが、
チューレンがソムタムと聞くと大うけします。
(ソムタムとはパパイヤのサラダのこと)
そして仲間を呼びます。
「ちょっとこの子ソムタムだって!!」
みんながのぞき込み、そして聞きます。
「何ヶ月?」
「4ヶ月だよ」
「でかいね」
「そう、かなり重いよ」
「・・はげてるね、ソムタム」
あははは!
笑う母。はしゃぐソムタム。

あるおばちゃんが、
「うーんそれなら二人目の名前は・・カーニャオだね」
(カーニャオとは餅米を蒸かしたやつ)
そのときはさっぱり意味がわからなかったけど、
ソムタムとカーニャオは一緒に食べるらしい。
大うけするおばちゃん、大笑いの母、はしゃぐソムタム。

とにかくソムタムがいるとタイ人が集まるので、
ともて和やかになる。
相方とソムタムと三人で行った、
アユタヤ一泊二日の旅はソムタムに守られているようなものだった。


どこに行っても良い人と悪い人がいる。日本も同じ。
悪い人には関わらず、良い人の気持ちに素直に乗ることだと再確認した。
良い人は、優しくて厳しい。
フォアランポーン駅でトゥクトゥクの運転手さんに怒られた。
ベビーがいるんだから、タクシーを拾っていきなさい!
大人二人は素直に「はーい」と応じた。
タクシーに乗る二人を見届けて、
ほっとしたような呆れたような顔をする運転手さんの顔を見ていたら、
ドアの縁に頭をぶつけた。

ソムタムは乗り物に乗るとぐっすり眠る。
ホテルに着いたりちょっと休憩をしていると、
おっぱいを要求し、うんちをする。
すべてがええタイミング。

R2516017.jpg

カオサンでちょっと大泣きをしたけど、
そのときもソファーのある落ち着いたcafeで、店内に客も居ない。
店員さんも何も言わない。
ソムタム〜、君は本当にええ子。そして、すごい天才かも!
本気でそう思う大人二人。

R2515997.jpg

頭のてっぺんから顔の方向に一筋硬い骨があるのを見つけて、
ウルトラセブンを歌う大人二人、大はしゃぎのソムタム。
セブンは第二のチューレン候補となったのでした。

R2515931.jpg


R2515933.jpg

ちなみに血の繋がらない女で、
最初に君の唇を奪ったのはわたしだから。
なかったことにはさせませんから。


R2515940.jpg

おっぱいよこせと言われました。
乳も出ないうえに貧乳なのよ。。ゆるせ、ソムタム・・

スポンサーサイト
[ 2007/11/29 22:29 ] trip | TB(0) | CM(17)

公園のベンチ。 

消防署の裏側にある道です。
大通りを歩くよりこういう道を選んで歩きます。
ちょっとだけ空気がいいです。

tukin.jpg

右手に見える団地が好きです。妙に懐かしいです。
一件ごとの自転車置き場。今でも中に入ってみたくなります。
憧れの秘密基地です。

この通りはいつ通ってもきれいに掃除されています。
ちょっと暗すぎですね。。

tukin2.jpg

この公園を朝横切っていく人はみんな足早です。

tukin3.jpg

このベンチで出勤前の一服をしている二人組の女性がいます。
たまに爺ちゃんに話しかけられています。
一度二人がいないとき、プーさんが座っていました。

tukin4.jpg

桜の紅葉が結構好きです。

やっぱりGRっていいカメラです。
名機に全然ついていけません。

[ 2007/11/22 18:08 ] season | TB(0) | CM(0)

ワイコン。(GR練習その二) 

ワイドコンバージョンレンズを使用してみました。

明らかに違う。違うのは分かるけど、なんと表現したらいいのか。
専門用語が一つも浮かばない。。


四角が流れるようになっているのが、たぶんワイコンの仕業。
ビルも日本昔話の終わりの歌に出てきた勿体ないお化けみたいに斜めに伸びてます。
あと、遠くの景色が子細に映っています。
これまでのカメラではのべっとしていたのが、
しっかり輪郭が立ってる感じがします。

waicon1.jpg


撮り慣れた景色で見比べた方が、
違いが分かる女になれそうな気がして。

waicon2.jpg


室内を撮ると不思議な感じがしました。
よく分からず最初にワイコンで撮ったとき、

「この家歪んでるな。やっぱり築古いからな」

と、妙に納得したのは内緒です。

20071120232525.jpg


[ 2007/11/20 23:36 ] life | TB(0) | CM(2)

わらしべ。(GR練習その一) 

実家から送られてきたお芋をお裾分けしたら、
こんな立派な柿をいただいた。

しめしめ。

すごくきれいなので、
GRのマクロ撮影の練習に使わせて頂きました。

かき3


かき2


かき1


秋の味を堪能しました。
旬の物は体に良いです。体がそう言ってます。

[ 2007/11/20 23:18 ] life | TB(0) | CM(4)

TALISAMAN 2. 

さて金曜の夜に行ってきました。TALISAMANです。

夜9時に約束をしていたのだけど、忘れられてた。

ゆるいなあ。Tさん、さすがやわ。舐めてたらあきまへんわ。
というわけで、カウンターでGRを取り出して店内撮影。

酔いが進むに連れ、どんどん暈ける。
そのときはいいやんと思っても、全然だめ。
なんか、酔っ払っている自分に対面したみたいで照れくさい。

元TALISAMANコックのけんちゃんと、
博多出身の現コックNくん。
眼鏡といい、アニメ好きなところといい、よく似てます。

cock2.jpg

ぼけぼけなのですが、一部のマニアは喜ぶと思いまして。

mise.jpg

ゴッホの周りに写真やら絵やらが増えています。

mise2.jpg

これは現店長さんが撮影しました。カウンターの姿勢の悪いのがわたし。

boke.jpg

彼が持っているのはラジカセのアンテナ。このあと元従業員と従業員5人でぼけましょうが始まりました。

しょうもなくてよかった。

bass.jpg

この店の生ビールはBASSというちょっと濃いめのビール。

ビール高いのです。だからあんまり来られない。

20071117145105.jpg

品揃えはいいのですけどね。

beer.jpg


20071117145339.jpg

最後にクルスカンポとタパス。
辛い物好きなので、ちょっと辛くしてもらう。
この写真はもう少しましに撮れてると思ったのになあ。

集中力を鍛えてタイに備えなければ。本日4GBのSDカードが到着。
下手な鉄砲〜の勢いで迷わず撮ろう。

[ 2007/11/17 15:13 ] hola!! | TB(0) | CM(17)

商品。 

ぱつぱつさんがなんかよこせってうるさいから、
ご褒美を考えました。

レイバンみっひー。
07-11-1.jpg

レイバンとくればハーレーだろうから、
ハーレーは自分で書き足してちょうだいね。

原本は郵送しようか、ぱつぱつさん。

今日は朝から元気。
睡眠時間って大事だ。

※足がないのはヤンキー座りしてるからだからね。

[ 2007/11/16 10:03 ] I am .. | TB(0) | CM(4)

GR! 

GRが無事我が家に届きました。

あわわ、あわわです。

あれこれ撮って試そうとしてたら8枚しか撮れないので、
消しては撮り、消しては撮り。
よく考えたらSDカード入れてなくて、内蔵メモリだけで頑張っていた模様。

旦那が帰ってきて、ご飯の途中でいじりはじめ、
ご飯は冷めていき、
早く食べろと怒り、

返してくれと泣き、

もう一度ご飯を温め、
軽く頭突きをし、ようやく改めて眺める。

んふ。

撮ってみた手応えは、こりゃ慣れるのに時間がかかるなあ。
ちゃんと勉強しなきゃなあ。
の二つに限ります。

ワイドコンバージョンレンズもくっつけてみたりして、
ところでこれは一体付けたらどうなるんだろうと、はたと腕組み。

まあまあ、なんとかなりますよきっと。(あはは)

夜は更け、日付も代わり、足も痺れてきました。
GR第一弾はもう少しお時間ください。

[ 2007/11/15 01:28 ] I am .. | TB(0) | CM(2)

マレー半島 

来週末にタイに行きます。

今までタイには2度行ったことがありますが、バンコクはほとんど出歩いていません。
それもその筈、バンコクの高級コンドミニアムでアヤさん(メイドさんのことを多分そう呼ぶようです)と運転手付きの生活を送っている在タイの友人家族と行動を共にしたからでした。
今回行く相方の家にはもちろんそのような方々はいません。一般家庭ですからね。
大手企業の海外出張や公務員の場合は、ほとんど雇っているようです。

前にお世話になった友人の話では日本人会で必ず雇い入れるように言われるらしく、公務員の場合は家も自分では決められない。と聞きました。
3年間住んでいて一度引越をしたのですが、それは文部省からの通達があったからでした。折しも日本では外務省の無駄遣いがマスコミを騒がせているときで、とにかく1平米でも狭いところに引っ越せと言われたそうです。
子供が3人もいたので今更セキュリティの低いところで暮らすわけにもいかず、結局それまでよりも高い家賃のところに移ったそうです。
本末転倒なことが大好きです。日本の官僚さんは。

短い滞在でしたし、家族と合流するとすぐにラヨンやチャーン島へ出掛けたので、バンコクを歩き回る時間もなかったのですが、チャットチャックに行ったのはよく覚えています。
買い物そのものよりも、帰りに降り出したスコールが印象的でした。
何故か運転手のチャイさんとわたしだけが車に残っていて、友人に傘を持っていってあげたいのだけど、チャイさんにうまくそれを伝えられなかった。難しそうな顔でわたしの言葉を聞いた後、分からないと首を振られてしまった。

帰りの道路はあれよあれよという間に冠水。車に叩きつける雨の音で会話もままならなかった。乾期には珍しいスコールで、ああこれがバンコクの匂いなんだと思った記憶があります。

今回もどれくらい歩けるか分かりませんが、自分の足で歩いて触れてきたい。アユタヤへは汽車に乗って移動しますし、いろんなものが感じられることを期待しています。

今回一番やりたいことはチャオプラヤー川で舟に乗ってくること。

毎日楽しみにしているbarramedaさんのblogで、マレー半島を読ませていただいたときに、タイに行ったらここに行こうと決めました。

ミルクティー色の川面に緑の葉っぱがぷわぷわと浮かんでいる景色に一目惚れし、夢に見るくらい気に入ってしまったのです。もちろんワットアルンを暁の頃に見られるといいですが、そんな贅沢は言わないつもりです。

タイの写真はGR DIGITALで、と思っています。
まだ手元にはありませんが、到着がとても楽しみです。中古ですがワイドコンバージョンレンズ付きです。
相方のえりんぎとタイへ行ったとき、出発前に関空で乾杯したときと同じくらいの興奮気味です。例えが悪くてごめんなさい。でも本当にそれくらい嬉しくて。
わたしにはまだまだ使いこなせそうにないカメラですが、ずっと一緒に持ち歩きたいと思っています。

[ 2007/11/12 16:05 ] trip | TB(0) | CM(7)

なんだ? 

一緒にお仕事をしていた女性が結婚したので、大阪でお祝いしてきました。
イタリアンのフルコース。

前菜

サラダ

リゾット

魚料理

肉料理

デザート

お腹いっぱい食べてきました。
わたしは牛肉の赤いところが嫌いなんで鴨肉にしてもらいました。
レアな鴨肉がおいしかった。贅沢なランチです。

結婚式と新婚旅行の写真などを見せてもらい、
オーストラリアではカンガルー、ミュー、ワニなどを食べることを知りました。
想像通りカンガルーとミューは硬いらしく、牛肉っぽいと言ってました。
ワニの唐揚げは美味しかったとか。

昔多国籍料理屋でワニを食べたことがあったけど、おいしくなかった。
ワニも鮮度が重要なのでしょう、きっと。

結婚式に出席したときによくなる、心理的な癖があって、
わたしは亡くなった人のことを思い出してしまう。

今日も結婚式の写真を見ながらしきりにそんなことを考えていた。
決して写真にそのような影を感じるわけではなく、
「強い生」を感じるのだと思う。

2年前の夏、友人のお父さんが亡くなった。
癌を患って2年間の闘病の末だった。
完治は期待できない。それでも様々な延命治療が行われていた。
体調がよくなり自宅に戻ると家族でお父さんの大好きな釣りや旅行に行く。
再入院すると、毎日見舞いに行く。

その頃、お父さんとその家族の強い生をわたしは友人から感じていた。
死が間近にあることが、生を強く逞しくしていく。
友人とお母さんは後々まで引きずるような大げんかをした。
彼女は腕に痣を作り泣きはらした顔で会社にやってきた。

一歩も引かない二人。強い生同士がぶつかり合った結果だったと思う。

最後の最後まで繋ぎ止めようとした命が奪われた。
彼女からの電話を受けたとき、
わたしの家では結婚式のビデオが流れていた。
遊びに来ていた友人二人がビデオをみつけて見ていたのだった。

2年前、式の相談をしていたらすれ違いになった。
父親には出席しないとも言われた。
兄の病気のことで母が初めて大きな声で泣いた。

いつもは適度な距離を持っている家族が、
強引に近づかなければならないことの一つが結婚かもしれない。
おのずと摩擦がおきる。
嫌になる、面倒になる、投げ出したくなる。
結婚直前は疲れることばかり。

結婚式の写真にはそれを乗り越えた家族の強い生が映る。

今日の彼女は長身でスタイルも抜群の方なので、
ノースリーブのマーメイドドレスと深紅のドレスがどちらもため息物に似合っていました。
そしてやっぱり家族と意見が食い違った話もしていたっけ。

3年前の春、母方の従兄(とは言っても3周り近く年上の方)のお葬式に行った。
通夜に行き、すっかり小さくなったおじちゃんが眠る布団の横に座った。
布団の上には、長女の結婚式の写真が何枚も置いてあった。
1週間前に挙げたのだと聞いた。
大好きなビールもグラスに注がれて線香の横にあった。

「よかったね」
本心からそう思った。おじちゃんはとっても嬉しそうな顔をしていた。

家族が家族でなければならないとき、命は強く熱くなる。

負は正への反動であり、逆もまたしかり。

彼女には祝福のSalud!を、

愛のつく愛する友人には、Abrazoを。背骨が折れるくらい。

おみやげをもらいました。
オーストリッチレザーのストラップです。

一緒に行った友人はそれぞれカンガルーとコアラをもらいました。

さて、これなんだ?
uon.jpg


金曜日は3件ハシゴ。見事に酔っ払い。
常連のRさん、ありがとうございました。
無事帰宅し、今日のお祝いでお腹いっぱい食べ、
迎え酒の美味しい白ワインが飲めたのはRさんのお陰です。


[ 2007/11/10 21:40 ] life | TB(0) | CM(8)

不服な赤。 

正確な色じゃないから不服。

この季節だけです。この色になるのは。

yu-hi1



yu-hi2.jpg



[ 2007/11/10 20:29 ] season | TB(0) | CM(0)

ぽっこりなこと。 

お腹周りについているお肉に手を焼いています。

手を焼いてる割にビールは飲んでるし、腹筋も思い出したとき。

勤務先のトイレで密かに続けていたスクワットもちょこちょこ。

これはまずい、本当にまずい。

とは思うのだけど、今までのようにはいかない。

何が違うってお肉の付き方が30歳くらいまでと違うとか、
35歳まではスポーツクラブに通っていたとか、
そういうハード面じゃないのですよ。

要するにやる気がない。(ああ、ゆうてもうた)

今までは1キロ増えると大慌てで修復してきたし、それも結構真剣だった。
ビールを控えめにするとか、
夜ご飯の内容をしっかり野菜中心にするとか、
腹筋やスクワットを欠かさずやるとか、
半身浴するとか。

たぶん、今年のはじめくらいまであった筈。

わたしのやる気さん、
どこいっちまったんだい。

今のわたしときたら、
お腹がこんなにぽっこりなのにちっとも焦らない。

まずい。本当にまずいのだけど、今日もビールがうまい。
まさにそれだ!とは思うけど、だってうまいのですよ!

実家から野菜が届いたので、
明日からたくさん野菜を食べます。
まずはそこからはじめよう。

そうしよう、そうしよう。

うまい野菜とビールとか考えないようにやっていこう。
その考えをやめよう。

ああ、まずい。うまそうだ。


[ 2007/11/05 23:37 ] I am .. | TB(0) | CM(4)

西日。 

寒い朝が多くなってきた。

西日が午後の早い時間から部屋を暖める。

この季節は何を着たらいいのかわからない。
休日もどうしていたらいいのかわからない。

やることはたくさんある。
小説も進めなきゃならないし、
衣替えとか洗濯物の整理とか、
やってしまえばすっきりすることがあれこれある。

でも、なんだっけ?と立ち止まる。
何がやりたかったんだっけ、わたし?
窓辺で立ち止まると日の光にほっくりする。
ベッドに座ると体の半分が焼けてくる。

本を持ってきてゆっくり捲る。
ゆっくりゆっくり。
案の定、眠くなってくる。
ときどき意識が飛ぶ。
襖に映る西日が強くなる。

少しの居眠りから目覚めると、襖が赤く染まっていた。
わたしには写真に撮りきれない赤。

真っ赤な襖と裏腹に西日の温かさは弱まっていた。
昼がぷつんと終わり、土曜の夜が来る。

IMG_781.jpg


[ 2007/11/03 23:40 ] season | TB(0) | CM(0)

ダイセン。 

あなたがー もしもー ひとりーになって
しずかにー こころをー 見つめてみたい
そのーときは 大山にいこ キャラボクの 緑葉が 
あなたーの さびしさを 包んでくれる
そーうー 大山はー みどりーが一杯だーかーらー


たまたま大山○○というお客さんの名前が目に入って、
これを「ダイセン」って読むのは、
日本でもっとも人口の少ないあそこの民だけだな。

なんてことを思いつつ。

大山賛歌をフルコーラスで歌えることに気づいてしまった。

小学校に入学してすぐに「エコー」という、
爺ちゃんが吸っていたたばこと同じ名前と色の冊子を渡された。
それは6年間使う歌の本。

前にも書いた、トム・ピリピも載っていたし、
「山のごちそう」も載っていた。

ヨーデルですよ、小一で。

たにまーに 白い霧 ミルクーのようだー
ホールデ ヒヒヤ ホールデヒヒ 
ホールデ ヒヒヤ ホールデヒヒ 
ホールデ ヒヒヤ ホールデヒヒヤ ホー


よくまあ覚えてるもんです。

[ 2007/11/02 17:38 ] book,art,etc.. | TB(0) | CM(5)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。