poco a poco.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

熱風がわたしをよんでいる~。 

スコール中のカルティカ・プラザ通り
R2516834.jpg


ウブドのバー
R2516959.jpg


R2516993.jpg


サヌール
R2516858.jpg


首里城
IMG_0922.jpg


ソンテウの荷台
R2516201_20080424232800.jpg


久高島
IMG_0379.jpg


古宇利島へ
IMG_0308.jpg


糸満の迷子バス
IMG_0134.jpg


桜坂の横の公園
IMG_0046.jpg



時系列バラバラ。
どこでもいいのかと言われるとそうではないのですけど、
せめて1ヶ月、旅させてもらえないかなあ。は~・・


スポンサーサイト
[ 2008/04/28 21:00 ] trip | TB(0) | CM(4)

在庫切れ。 

旅にいきたい病を発症しています。
お正月のストックが底をついてきました。

しばらくは旅を回顧して自分を誤魔化します。

バリの少年
IMG_0412.jpg


ウブドの通り
IMG_0364.jpg


IMG_0441.jpg


アユタヤの市場
R2516248.jpg


R2516228.jpg


バンコクの屋台ごはん(朝)
R2515944.jpg


お腹減った〜。
回顧記事、あしたもつづきます(たぶん)

[ 2008/04/25 03:05 ] trip | TB(0) | CM(4)

初もの。 

えっとぉ。
生まれてこの方、
トシちゃんにもマッチにもヨッチャンイカにもSMAPにも嵐にもぶいしっくすにも
興味を持ったことのない、このササクレ者のわたしが、

ジャニーズのライブに行きます。


でもちょっと変わったライブなんで、
たぶん大丈夫じゃないかと。。〆られたりはしないだろうと。。
団扇がなくても入れてくれるだろうと、そうおもっとるところです。

これによってわたしの何かが変わるのか、
ちっとも変わらないのかはわかりません。

が、
メリーさんとパリーさんとぱつぱつさんという、
誰が考えてん!!というふざけた名前の人ばっかりで、
わたしも薬局でよく見かけるロリエなもんで、人のことは言えませんが、

おもろそうやないかと!
ええ、ただただ面子がです。


みなさま、エンドリケリー☆エンドリケリーって知ってますか?


乗り遅れたくなければ、わたしの手をしっかりと握るのです、鉄郎!

城に行くので、落ち武者の格好で来るように言われました。
会社から直接行くのだけど、大丈夫だろうか。。

[ 2008/04/22 20:59 ] I am .. | TB(0) | CM(9)

言って欲しいこと。 


いちばん言って欲しい人に、言って欲しい言葉っていうのがある。

ついつい期待したりして、
待ってみたりして、
促してみたりして。

自分自身が決断できていないから、
人に背中を押して欲しい。
できるなら、一番言って欲しい人に。

なーんて、そんなうまい話はありませんな。ありませんよ。

今さらと言われるのかも知れないけど、
迷っているうちにこんなに時間が経ってしまったことは、
あまりにも痛恨の極みではないのかね、そこのあなた。

[ 2008/04/21 23:42 ] practice | TB(0) | CM(0)

春の雨。 

R2517453.jpg


10数年前になるだろうか。ちょうどこれくらいの季節だったと、団地の入り口で雨宿りをしていて思い出した。
重苦しい社での打ち合わせを切り上げて、週末最後の山陰行きの特急に滑り込んだ。妻とくだらないことで大喧嘩になり、放っておいたら実家に帰られてしまった。それも放っておいたら周りがうるさく言い始め、迎えに行かざる負えなくなってしまった。
どこにもぶつけようのない腹立たしさと、果たしてどんな顔をして会えばいいのかという気恥ずかしさもあって、妻にはその特急に乗ったことは伝えていなかった。

桜も散ってしまい花冷えもなくなっていたが、行楽を楽しむには少し早いのか自由席は割合と空いていた。
歓楽街のネオンが過ぎ去り、同じような形をしたマンションの非常灯がちらちら横目をかすめ始めたあたりで、予め買っておいたビールをキオスクの袋から取り出した。
一口飲むと数十分前まで部下と交わしていた会話が蘇り、ビールの味も忽ち消えてしまう。
『なぜ、こんな状態になるまで放っておいた』
まるで、自分に言っているようじゃないか。そう声を荒げた若い自分を思い出し、なんとも照れくさくなる。

あの頃、もっとも余裕がなかったのは他でもないわたしだった。社会人になって数年経ち、ようやく部下の面倒を見るようになった頃というのは、なぜああも何もかも分かったように感じ、そしてそのように行動してしまうのだろう。
余裕のない酸欠状態のわたしの言動が、後輩たちに影響していたことは間違いなかった。彼らはとてもよくやってくれていたが、わたしはどこまでいっても満足できることはなく、そうあることが正しいと信じていた節があった。
天井を作ってしまったらそこで止まってしまうという、あの恐怖心は一体なんだったのだろう。
天井なんてものはもともとなく、意識して作らまいとするからできるのだと今となっては笑えるが、あのころのわたしはもしそのように助言できる先人と呼べる人があったとしても、聞く耳があったかどうかもあやしい。

口の中に広がるビールは旨いとはとても言えない味だったが、わざと喉を鳴らして半分以上を明けると、さすがに胸のあたりがすっきりとしてきた。ビールの飲み方も、下手くそな時だった。

何年もの間、煽るように空けるのが男の飲み方のように感じていたのだから、今となるとなんともったいないことをしてきたのだろうと思う。




[ 2008/04/18 01:16 ] story | TB(0) | CM(4)

白状します。 

小学校の4ねんか5ねんのころに、
人のお家に忍び込んで、パンを食べたことがあります。

今日のお昼間に、急に思い出して我ながらうっそぉ!と思いました。


なんでそんなことをしたのかというと、
多分お腹が減っていたからだと思います。

でもここでびっくりしてはいけません。

わたしはその家の玄関が開いていたから入ったのではなくって、
その家の屋根から忍び込んだのです。


ハシゴが家の壁にたてかけてあって、
わたしはそれをよいしょよいしょと上り、
家の屋根にある、棒で突っ張っているような、
スズメをバカにしてるような例の罠みたいな入り口から、家の中に入ったのです。

居間に行くと、前に入ったことがあるお家なので知らなかったわけではありませんが、
キジの剥製があってびびりました。

そして、置いてあったパンを食べ、
また屋根から出て自分の家に帰ったのです。

お断りしておきますが、うちの家はすごい貧乏でしたが、
お腹が空いているならよそに忍び込んで食べてきなさい。
と、言われるほどではありませんでした。


おそらく半ドンの日、
お腹の減りまくっていたわたしは、屋根の入り口を見て、

「あれって入れんじゃないの?」

と思い、恐ろしいことに思ったままを実行したのです。


悪いことをしたという感覚があったのか、なかったのか。
こんなすごいことをこの年まで忘れていたってことは、微塵の罪悪感もなかったのか。。

さっぱり分かりませんが、
あのお家の方、どんなパンだったかも覚えていませんがご馳走様でした。

このまま黙っていたら罰が当たりそうなので、白状します。

ごめんなさい。

R2516405_1.jpg

[ 2008/04/16 00:21 ] I am .. | TB(0) | CM(9)

駅。 

ずっと前、20年以上も前、
わたしにとって駅は特別な場所だった。

そこへいけば、遠くへいける。
切符さえ買えば、ここではないどこかに行ける。
あの小さな駅の改札が、すべての未来へ繋がっているような、
そんな、すごい場所のように感じていた。

eki.jpg



そんなわたしが、
毎日毎日、嫌になるほど駅に行き、
一日に2時間以上も車両の中で過ごすことになるとは。


それにさ、そんなに遠くへも来てないんだったな、わたし。

どこかに行きたい。
相変わらずわたしはそう思うけど、
前と違って必ず帰ってくることがわかるから、
あの、いたたまれないような胸の痛みは、
もう感じられないのかも知れない。


[ 2008/04/14 00:19 ] trip | TB(0) | CM(6)

夙川 ー 苦楽園。 

さくらの写真もこれがおしまいっかな。

R2517393.jpg


夙川ー苦楽園でお花見をしてきました。
このあたりは、桜より松に何かが宿っていそうでした。

2時集合にやや遅れて開始。ビールを何本飲んだことか。。

R2517394.jpg


R2517398.jpg


R2517399.jpg


R2517401.jpg


R2517404.jpg

青いコートがいい。

R2517408.jpg

いつものお仲間さんです。真ん中でうさぎさんをしているのは、jeliさんの美人妻。
6ヶ月の妊婦さんで、現役の保母さん、いっぱい呼び方がある人だなあ。



昼編おわり。まだまだ続く↓
[ 2008/04/07 21:08 ] hola!! | TB(0) | CM(6)

限界です。。 

いや、わたしじゃないのですよ。

今日、新入社員やら新入生でぎゅうぎゅうの電車の中で、
泣きながら携帯でメールを打っている子がいました。
ものすごく近くて、見る気もないのにディスプレイの中の文字が。。

「限界です」

いや~・・
朝っぱらからそのメールを受け止める人がいてよかったね。と、思いました。



昨日はホームの長い列の後ろにスーツ姿の父子がいました。
どっからみても親子。眉毛の形そっくりでした。(笑)

犬飼ってるんですね、
お父さんが息子の背広に付いた犬の毛をはらってあげてました。

電車の中でもべったりで、二人の会話は続いてました。
息子くんは新入社員ぽかったな。
息子が会社のことを話していて、お父さんがそれに答えてみたいな会話でしたけど、
いいな、と思いました。
会話が成立しない父子って多いもんなあ。

よく見ると結構年が離れていて、そのせいもあるのかなあと。
ipod聞いてたけど、これだけきちんと聞こえました。

「いい部長さんやな」

息子くん、君幸せだよ。

[ 2008/04/04 13:27 ] season | TB(0) | CM(2)

さくらが続きます。 

今回は団地妻調なしで。

R2517379_convert_20080403123531.jpg


R2517380_convert_20080403130144.jpg


R2517381_convert_20080403130218.jpg


R2517382_convert_20080403130326.jpg


R2517384_convert_20080403130505.jpg


一つ疑問が・・
R2517385_convert_20080403130544.jpg


R2517386_convert_20080403130620.jpg


わたしこんなにさくらすきだった?

[ 2008/04/03 22:18 ] season | TB(0) | CM(4)

ライトアップ。 

駅の近くの桜です。
ちゃかちゃか信号の切換が慌ただしい横断歩道を渡ると、
人も車も多いT字路に一本だけあります。

yozakura0804.jpg


朝はダッシュしてるし、帰りはぽつぽつ考え事をしながら歩いているから、
きれいだなあと思ってもなかなか。

きれいに咲く桜の木ってあるよね〜。
今日の帰りもそんなことを話ながら歩いたんだった。

yozakura0804-2.jpg


ライトアップしていたのは駐車場の看板です。
とても立派な桜です。朝撮れるといいのですけども。。

furuhon0804.jpg


日曜は古本市に行ってきました。
雨でとても寒い日でした。
目を皿のようにして、背表紙に書いてある作家名と表題を見てきました。
大江健三郎さんの芥川受賞作がとてもいい状態で売ってありましたが、
4000円近くしました。。とても買えません。

気が付いたら体力の限界でした。ふらっふら。
最近体力がないです、鍛えなきゃ。



なんでblogを書きたくなるんやろ。
最近なんでなんで大臣やな。

[ 2008/04/02 21:19 ] life | TB(0) | CM(2)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。