poco a poco.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

酢豚弁当。 


帰るくらいまでは、すごく元気だった。
激安ショップでタンクトップを買って、
気分も上り調子で帰ってきたんです。

ところが電車を降りるくらいからめまいが、
そして階段を上りきって限界がきました。

今日はやりたいことに集中しようとお弁当を買ってきたんですが、、
まさか、こんな役の立ち方をするとは。

なんで貧血おこしてんのにblog書いてるんだとか、
酢豚弁当は幾らだったのかとか、
いろいろ疑問はあるかと思いますが、

早めの晩ご飯を食べて横になります。

かっくり。



スポンサーサイト
[ 2008/07/30 19:48 ] life | TB(0) | CM(6)

まずは整理整頓! 

カテゴリが増殖していた。

まるでうちの押入状態。見て見ぬふりをするうちに、増える増える。


いらないものは捨てる!


blogを引っ越しするときに、
途中で面倒になって半年分くらい切り捨てたのを思い出した。
それくらいでちょうどいいんだって。


よし、もっともっと、
ざっぱざっぱといってやる。

いらないものは捨てる。
駄目なものは諦める。

エレベーターが動き出したら、
押入の中の物も捨ててやろう。

きれいさっぱり、捨てるぞー!!


[ 2008/07/29 23:31 ] practice | TB(0) | CM(9)

TANGOーFINAL. 

タイトルが大袈裟すぎませんでしょうか、、

いや、期待されても困るので最初に申し上げますと、
このネタでだらだら引っぱりそうな自分がいますので、
これでおしまいと心に決めたのです。(だから大袈裟だって!)

この景色はなんと、
RIMG0118.jpg
民宿の部屋からの景色なんです。


この景色はなんと、
RIMG0120.jpg
露天風呂から見た景色に近い。(露天風呂のすぐ横です)



これも、部屋からです。
RIMG0149.jpg


お風呂も食事も仲居さんたちのお仕事も、非の打ち所もない。
そして、この景色。それなのに、民宿価格でした。
ご飯を食べながら夕陽が見られるのです。
そう、ごはんは部屋出しなんです!

とくに急かされることもなく、逆に気さくに話しかけていってくれる素敵な仲居さんたち。
お布団は、一緒に敷きました。仲居さんたちとの話が楽しくて楽しくて。


ここで改めて思ったことは・・旅館高すぎなんだよねー。



ここは、ブランドガニで有名な間人(たいざと読みます)港です。
RIMG0155_20080725115437.jpg
あんまりきれいなので、しばらく遊んでいきました。


RIMG0157.jpg
港を通過中。


RIMG0163.jpg

・・通過中。。


そして、とても地味だけど、わたしにしてみたら、旅のビッグイベント!!

棚田(ライステラス)に行ってきました!!
RIMG0193.jpg

どうですか!日本の田んぼはなんと美しいのでしょう。

RIMG0213.jpg

RIMG0192.jpg

RIMG0188.jpg



ここまできて、疑問を持たれた方もおられるかと思います。
なんで今回はこんなに画像がちっこいんだ?


実はわざとなんでありますの。(突然ですが、兼高かおる風に読んでください。)


前夜、窓に張り付いたもの凄く気持ち悪い虫を撮ろうとして、
ISO800にしたままでしたのよ。

あくまでも、兼高かおる風で。


TANGO、おしまい。


のつもりでしたが、おまけがあります。


[ 2008/07/28 21:51 ] trip | TB(0) | CM(8)

あつい、あつい。 

日中の家の中の気温は軽く35度を超えているんだろうと思う。
さらに湿度も高くて、風もないのです。

夏場は余裕で過ごせてきた我が家なのに、今年は本当に駄目。

だめだめだめだめ、あついあついあついあつい。

少し家の事をすると、汗でびっしょり。
我が家には6畳間の和室にだけ冷房がついてるから、しばらくそこで休憩。
休憩しているうちに自然とシエスタになってしまう。

日が暮れてもほっとするほど涼しくならない。
ここ最近、25度以下に下がってないんだもんなあ。

0807気温
Yahoo!天気情報より 神戸の気温 京都に比べたら随分ましだけど。


お願いだから、夕立きてくれ〜。たのむ〜。

遮光カーテンを買おうか悩み中です。

[ 2008/07/27 19:34 ] season | TB(0) | CM(9)

TANGOー2. 

車で3時間半。TANGO半島の琴引海岸に着きました。

RIMG0056.jpg

駐車場代800円。
ちょっと高いけど、着替えとトイレとシャワーが使えます。
浜もそんなに混んでいなくて(波が高いせいかもしれないけど)、
静かでした。余り時間がなかったけど、また来たいと思った。

RIMG0063_20080725115129.jpg


ここの砂、きゅっきゅっと鳴ります。鳥取にもそういう海はあるけどね。
RIMG0078_20080725115136.jpg


水晶が入っているとか、いろいろ節はありますがやっぱり汚れると鳴かなくなるので、
日本で初めて禁煙になった海だそうです。
それできれいに保てるならいいんじゃないかな。
RIMG0080.jpg

旗はハポンのものではありません。京都新聞の旗。
建物は喫煙所兼休憩所です。
RIMG0086.jpg


この時泊まった宿で飛び魚の造りが出てきたとき、
宿の人が、
飛び魚の漁にいつか連れて行ってもらいたいんです。50mも飛ぶんですよ。
と楽しそうに話しかけてくれる。
とても気のいい素敵な人たちで、快適でした。

BSで世界の飛び魚漁みたいなのを先日やっていて、
各地の漁師にとって飛び魚漁はとても神聖な行事になっていることや、
漁のやり方や飛び魚の調理の仕方に決まりがあって、すごく興味深かった。
先祖代々受け継がれているその決まりにはどこか理にかなったところがある気がして、
だからこそ廃れないんだろうなあと。
漁師が漁をして食べられているうちは、きっとなくならないのだろうなと思った。
目を生で食べる人たちは、わたしたちはとても目がいいのだと自慢していた。

日本でも隠岐の漁師はある背の高い花が、木の7分から8分目まで花が咲いたら飛び魚がやってくると教えられていると話していた。
全て咲く頃に、飛び魚漁は終わるのだそうだ。


実家では飛び魚はアゴといいます。


TANGO、つづきます・・

[ 2008/07/27 00:48 ] trip | TB(0) | CM(6)

宗教について。 


ちらちらと書いてきてはいるけど、わたしは無神論者です。

でも、すべての宗教、すべての神や仏を否定しないと固く誓っています。

神は信じていないけれど神社に行けばお参りもするし、
友人が教会で式を挙げれば指を組んでお願いする。

それでもわたしは神を信じない。
もし敢えて信じているとすれば、自然界 ー海や川や山や木や湧き水や土ー に宿るあらゆる神かも知れない。

わたしが何故この二つを守り、無神論者であることを強く主張するのかは、
わたしが育ってきた環境にあるから、それは今回あまり触れないでおきたい。

日本人は宗教とか信者という言葉にとても敏感で、
そう聞いただけで拒絶反応を起こす人が圧倒的に多い。


実際、何も知らないのに頭ごなしに結婚を反対したり(されたり)する話はよく聞くし、
自らそう言う話になると聞く耳を持てなくなる人がほとんど。
でもタイやインドに行って、象の神に跪くのは平気だったりする。


そして、なんで?と聞くと、なんとなくと答える。

日本の場合は、歴史的にもいろいろな問題があって、
宗教を日常生活や経済に取り入れまいとしている風潮があるし、
ましてや政治や教育の場に組み込むなんて御法度とされている。
政治に関しては憲法でも禁じられているのだから、致し方ない。
私立でカトリック系の学校は多くあるけれど、
実際カトリック系であることに意味のある学校がどれくらいあるだろう。


友人は、何となく嫌だと答えた。

たぶん、すべてのことが、こういうことから一歩前に進み、
少しだけ深い世界に入っていくのだと思う。

今の日本で生きていて、何となくと答える人がいることを、悪いとは全然思わない。

みんな、なんとなく大きな流れの中で正しいと言われていることや、
例えば、肉親が駄目だと言うことを、
多少の違和感を持ちながら受け入れて生きていると思う。


でもいざ自分がその問題に直面するようなことがあったときは、
なんとなくでは駄目になってくる。
何が嫌なのかを確かめるためには、宗教とは何なのかを考えたり調べたりしなければならないし、そういう作業をしてこなかった人にとって見れば、これまた辛い作業ではないだろうか。

わたしは友人に聞いてみた。

友達が教会で結婚式を挙げたら出席をするだろうし、嫌とはおもわないでしょ?
でもある宗教の会合に、知り合いが出席すると聞いたらあなたは嫌だろうし、
そこに参加するのはもっと嫌だとおもうでしょ?

その通りだと、友人は答えた。

そしてわたしは続けてみた。
嫌だと思うことは、何一つ悪いことじゃない。
嫌だと思って、それを断ることはあなたの自由だから。


様々な宗教があってその全ての門を叩き、経験することなどできるはずもない。
精神的にもそれは異常な行為だと思う。

わたしは、わたしが神社でお参りをすることを止められたくないし、
湧き水に手を合わせて有り難くいただくことを否定されたくない。

多くの宗教が、他の神を崇めることを禁止している。
実は、わたしが一番気に入らないのはそこだったりする。


何か一つの神や仏を信じることが自由だというのであれば、
自分の家族や友人や恋人や伴侶が、
何かを信じたり、教えに背いて自らの意志に従うことを否定して欲しくない。


日本は自然災害の多い土地だし、小さな村単位ではまだまだ地の神様が息づいている。
人の生活の中に入り込んでいる。
そういう村の人は、何式で結婚を挙げようと頓着しない。
とても信心深いけれど、そうあることですべては完結しているからだと思う。


他の宗教を否定することで、その教団が得することは何なのか、
考えてみると少し答えは出てくる。


わたしは無神論者。
そう決めて20年くらいになるけれど、
わたしはその決まりからいつでもどこまでいっても自由でいられる。




[ 2008/07/26 00:04 ] I am .. | TB(0) | CM(6)

TANGOー1. 

台風が一旦大陸側に抜けてから日本海へ戻ってくるんではないかという予報の中、
我々はTANGOへ向かったのでありました。


秘密結社があるといわれるF市あたり、ブルーの屋根に挟まれたあそこがあやしい。

RIMG0010.jpg


秘密結社のものどもは、いつ何時、どのような変装をして現れるかわからん。
タダならなんでもいただいておこうという条件反射が働くが、ぐぐっと我慢。
こんなに分かり易い変装をするなんて、秘密結社のものどもめ、油断ならん。。
妨害電波を放ちまくりipodから流れる我々の信号を邪魔するとは。

RIMG0013.jpg

(後に我々は、自衛隊の基地がすぐ近くだったことを知るのであった)



しばらくすると、赤ちゃん王国のシンボルが空に浮かんでいるではないか!

RIMG0016_20080725115050.jpg

これは何かの予言であろうか〜。



RIMG0026.jpg

だんだん辛くなってきました・・。


次回こそきっと海です。


[ 2008/07/25 21:03 ] trip | TB(0) | CM(2)

さぼっています。 

小旅行に行って、帰ってくるとエレベーターが止まっていました。
急な故障とかではなくって、エレベーターを取り替えるという大掛かりな工事です。
今月末までエレベーターは使えません。

折しも、工事が始まった7/20は日本中で猛暑日(35℃以上をそういうそうです)を記録しました。
旅先の京都北部は37℃越えをしていました。

7/22は暦の上でも大暑。なんだってこんなときに、エレベーターの交換をしようと思いつくのか。
想像を絶するような会議で決まったんでしょう。


住民の反対を押し切って理事長が強引に決議を出そうとして、それはもうてんやわんやの大騒ぎ。

住民からは反対運動まで起きましたが、それも権力の力でねじ伏せられ・・。

ああ、切なき庶民の悲哀。


これくらいのことがあったって思わなきゃ、やりきれませんわよ。


昨日はHOLAの会がありました。
メヒコから来ているELSAちゃんのお誕生日もお祝い。

くんぷれあーにょーすふぇーりーす~♪を歌いました。

久しぶりのドロ酔です。ええ、エレベーターが止まっているって言うのに。
でも酔っぱらいにとっては、10Fまで階段を上るなんて楽勝だったのです。

辛いのは次の日の朝!!
ぐるぐると階段を下りていくと、気持ち悪くなること、なること。

やっぱり、お仕置きはしらふの時にやってくるんですね。


RIMG0300.jpg

隣の席で、仕事に飽きたkukoさんがこんなことをしています。けしからんね!



フードを付けて海を撮ってきましたが、
そんなこんなで整理をさぼっております。

[ 2008/07/23 16:06 ] life | TB(0) | CM(4)

台風の色。 

台風が近づいているらしい。
のっぺりとした薄雲を蹴散らして、汚れなき白無垢みたいな入道雲がぴかぴかと遠くで光っていたのに、昼を回った今は西の空は厚い雲に覆われている。

RIMG0199.jpg


銀行のローンカードの返済が厳しいのを通り越してどう足掻いても無理になってきていた。友達にも1000円とか2000円とかせこく金を借りているし、彼女にはたぶん5万円くらい借りている。
とにかくこのままじゃあ四面楚歌なんで、腹を決めて働くことにした。
国破れて山河アリってやつだよ、まったく。
とりあえずはシフトで長時間入れるところにしようと、フリーペーパーに乗っていたカラオケボックス店に電話したのが昨日。面接は土曜日の午前中と言われたけれど、そういわれた途端に自信がなくなった。面接まで4日もあるなんて、どうしてもっと早くしてくれないのか。4日もあれば、2万くらい稼げるかも知れないのに。
それよりも4日も空けられたら、バイトなんてやる気がなくなるに決まってる。
それにしてもまさか台風が来るなんて。
土曜日の朝に雨が降っていたら、面接にいける確率は50%。
嵐になっていたら25%。

そして今日はやけに暑い。南からの風のせいか、向かいの高層マンションに設置された無数の室外機のせいか、とにかくこんなのしらふで我慢できるわけねえや。

冷蔵庫にビールがある。それは知っている。
働きもしないで、昼間からビールを飲む。
天国みたいな話だけど、本当はそうじゃない。
昼間からビールが飲めるのに、飲むのが後ろめたいというか、とうとう彼女ときたらわたしが帰るまではお酒を飲まないでと言い出した。
エアコン。つまり、エアーコンディショナーは電気代がかかるからかけられないし、冷蔵庫にあるビールも飲めない。そんなアホな話ありまっかいな。

インターネットで別のアルバイトを探してみる。コーヒーを冷凍庫で冷やして飲んでみる。
台風の予想経路を何度も見る。沖縄とか四国の天気とかも見てみる。

焼け石に水だよな、これ。
自分の家があったらなあと思う。家賃を2ヶ月滞納しただけで、強制的に追い出されてしまった。敷金ゼロだったけど、出るときにはお金がかかる仕組みで、煙草で壁紙が黄色いからって7万も取られた。信じらんねえ仕打ちじゃねえの、これ。

付き合い始めたばかりの彼女の家に転がり込んだものの、もちろん大歓迎なわけもなく、
せっかく毎日一緒にいるのに、あれもやらしてくれなくなった。
しょうがないからビデオでなんとかしたら、ゴミ箱のティッシュを見つめながら泣いて怒られた。
なんで、あんなことで怒るんだろう。欲求不満かな。だとしたら本末転倒ってやつじゃねえの。
迷惑なのは分かってるからなるべく早くお金を貯めて、家を借りるからって言ったら、
そういうことじゃないって言われた。
え?そうじゃねえの?ますます分からなくなってきた。
なんて言ったら、さらに怒られるんだろうなあ。

正直言って、このままじゃあケツかっちんなのはよく分かってる。
だからってカラオケ屋やコンビニ。つまりコンビニエンスストアでバイトして繋いでいくことにどういう意味があるっていうんだろう。
いまいまの金は確かに大事だけど、いまいまの金に、今の時間を使ってしまったら、
もう少し未来の俺はずっと変わらないままいまいまの金のために働き続けることになるんじゃないのか。
こういう不安って、やっぱり付き合い始めたばっかりの彼女には言えないんだな。
言って否定されたときは、出ていかないとダメだし行くところないしな。

いよいよになったら静岡とか愛知の方の住み込みの仕事をやってみようかと思ってはいる。
それだったらいまいまの金を期間限定で作って、あっさりこの悪循環から足を洗って、
専門学校を卒業してたときに思っていたように、設計の道にもどるとかさ。

これって夢みたいな話なんだろうか、って俺はその程度の夢も見ちゃいけねえのかな。

おふくろが帰ってこいってうるさい。
最近は一日おきに電話が掛かってくる。
大丈夫だよ、かあちゃん。俺、就職決まったから。
そう言ってるのに一切信用しない。
また嘘をついて!
なんで分かるんだろうなあ。昔からすぐにばれるんだよな。
家を引き払ったときに、郵便の転送くらいかけておけば良かったのにそれをし忘れたのがわるかったかな。

ああ、ビールが飲みたい。もう我慢とかしてるのばからしいよ。


屋上でビールを飲むことにした。冷蔵庫から、ビールっていうか発泡酒とカニカマを持って部屋を出た。部屋を出ただけですっとする。外は風が通ってたんだ。

階段を上って屋上に上がった。わけのわかんねえ空になってた。

RIMG0217.jpg

空中に散らかした雲にいろんな色がついていて、きれいだなと思う反面、心細いような気持ちになった。ちょっと目を反らしている隙にぐいぐい流されている雲もあるけど、停滞したままのうすっぺらい雲もある。

RIMG0222.jpg

RIMG0228.jpg


俺は今とんでもない方向に流れていっているのか、
流れているつもりで同じ所をくるくる回っているだけなのか。ぜんっぜんわかんねえ。

老人と海のじいさんが羨ましいな。
俺もでっけえ魚と命がけの、男の闘いみたいなのがしてえ。
それから、海の真ん中に放り出されても絶対帰れるって思うくらい、自分を信じてみたい。


何いってんだろ、俺。夕焼けなんか見てしんみりしてら。


RIMG0236.jpg


ケツのポケットに入れた携帯が鳴ってる。おふくろだろうな。

ビールのプルタブを引いたらいい音がした。台風の強い風が吹き下ろしてくる。
うまいな。やっぱビールはうまい。
なんで今まで屋上で飲まなかったんだろ、勿体ないことをしてきたな。
彼女と一緒にここで飲んだら、少しは機嫌がよくなるかな。


携帯は鳴り続けている。おふくろは諦めが悪いんだ。
そう、俺のことになると特に。

ずっと同じだと思っていた空は、西の小さなオレンジを残して、深い藍色になっている。

しょうがねえな、帰ってやるか。
俺はビールを半分くらいまでぐいぐい飲み干して、ゆっくりと携帯に出た・・。

「かあちゃん、あのさあ、、とりあえず金貸してくれない」

おふくろの情けない声が、真っ暗な屋上に漏れた。

「なんぼなの?」

RIMG0246.jpg



[ 2008/07/17 21:48 ] story | TB(0) | CM(8)

ミスタードーナッツ一箱と野球ボール。 

バスの中で、ミスタードーナッツ一箱と野球ボールを持った男の子を見かけた。

一番前の席に移って、
バス代の100円玉をポケットから出したりしまったり。

誰か、大事な人のお見舞いなんだろうなあ。


RIMG0155.jpg


RIMG0160.jpg


一番上の兄は、鳥取の西に端にある小児病棟に入院してた。
うちの家は東の端っこにあって、なかなか会いにいけなかった。
車酔いするわたしは、絶対途中で気持ち悪くなってた。
病院に着いて、兄ちゃんのベッドで飛び跳ねているうちに落下。
兄ちゃんのベッドの横で点滴を受けた。

束の間の再会。腎臓の悪いにいちゃんはいつも顔がむくんでた。
わたしは太っているんだと思ってた。

中学を卒業するまで兄ちゃんはそこにいた。
とても長い時間だったと思う。

RIMG0168.jpg


RIMG0170.jpg


ラクウショウの木。

RIMG0171.jpg


ラクウショウの木の実は、秋になると葉っぱと一緒に色づくそうです。



[ 2008/07/15 22:10 ] I am .. | TB(0) | CM(8)

にたもんどうし。 

シーサイドエクスプレス山陽電鉄(以降山電)に乗って、海に行くことにした。

山電には明石まで行かないと乗れないので、明石まで出て下りの電車に乗る。
ローカルな雰囲気に足をばたつかせたくなるほど楽しくなる。我ながら安上がりな人です。

荷物もはしゃぎ気味。

RIMG0101.jpg


明石からいくつくらいの駅なのか、そんなことも考えず、

RIMG0105.jpg


ふと気がつくと、降り損ねていました。

RIMG0107.jpg

改札へは線路を渡る。

改札で聞こうと思ったら、予想通り無人駅だった。

RIMG0109.jpg


15分くらいで来るし、のんびり待ちましょう。

RIMG0110.jpg


風があって、気持ちのいい駅でした。

RIMG0112.jpg



目的の駅について、西からの旅人を待つ。次の普通で来るだろうなと思っていたけど、電車からは降りてこない。

RIMG0121.jpg

へんなもんが写ってた。

もう一本後のかな。と思った直後に嫌な予感がして、案の定、旅人から電話がある。
降り損ねましたと、旅人。

にたもんどうし。それほど驚きもせず、下りのホームに移動して東からの旅人を待つことに。


今週のソムタムさん。

RIMG0125.jpg


RIMG0130.jpg


RIMG0136.jpg




そろそろ帰ろうかってときに、寝てしまうのが、
世の常、子供の常。

RIMG0145.jpg



海も静かになってきて、

RIMG0150.jpg



陽もながーくなってきて、

RIMG0154.jpg


海の家はおしまい。今度は一緒に海に入ろう。



[ 2008/07/13 23:19 ] somtam | TB(0) | CM(10)

詐称はしてないっ。 


今日は写真もりだっくさんです。

山家の猿(やまがのさる)と言われていたわたしたち兄妹。
鶏の卵を毎日楽しみにしていました。
極貧一家に生まれた4人兄弟にとって、当たり前の一食一品。

※年齢は一切詐称していません。

何故か一人だけ機嫌が悪いわたし。

RIMG0004.jpg



ひもうとし(どんな字を書くの?)=七五三。
自宅で青い毛布を壁に掛けてその前で写真を撮り、お参りに行き、
1時間かけて母親の実家に行き、

お祖母ちゃんとまた写真を撮り、着物がえらくてご立腹中。

RIMG0009.jpg



さらに小さいお祖母ちゃん(お祖母ちゃんの妹)と記念撮影。

RIMG0008.jpg


小さいお祖母ちゃんは、緑内障で失明する前までは芸者さんでした。
とても優しかったから、大好きだった。



♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪



今日の帰り道、素敵な元パーマ屋さんを取っていたら、

RIMG0063.jpg



クロ猫警ら隊長に呼び止められる。

こらこらこら、何しとるんや。

RIMG0067.jpg


わっ、やばい、警ら隊長だ。

許可あるんかいな。

いいえ。

あかんがな、勝手なことしたら。署まできてもらおうか。

いや、すみません、それは勘弁してください。

RIMG0074.jpg


ねんやねん。

RIMG0075.jpg


い、いや、すみません、、
あ・・あの、、何でもしますから、勘弁してもらえませんかね。。

なに〜。わしが賄賂で転ぶとでも思ってのかい。

RIMG0075.jpg


す、、すみません、隊長、そんなつもりは・・・。


背中掻いてくれ。

へ?

せ・な・か。

RIMG0076.jpg


はいはい!よろこんで〜。

RIMG0077.jpg



じ、自分、うまいなあ・・・

うーん・・・・・・ゴロゴロゴロッ・・。


こっちもやってくれ、

あ、はい、こっちもですね、

顎の下もな!

はいはい!








帰ってええで。


RIMG0082.jpg



はい?


帰ってええっていっとるんや!


またたのむで。


RIMG0083.jpg


はい?

何度も聞き直すな!



はい!それでは隊長、また明日!



[ 2008/07/08 22:28 ] I am .. | TB(0) | CM(13)

休日。 

休日、もう少しでおしまい。


風があると気持ちがいいけど、
ないときはへなへなになりそうなほど暑い。
そんな中鍋をしてしまったので、
ベランダも換気扇も扇風機も全開です。


1階下に子供2人の家族が引っ越してきました。
昨日はビニールプールでおおはしゃぎ。
子供の声ってこんなにかわいかったっけ?

こんなに安心したっけ?

RIMG0012.jpg



RIMG0016.jpg



RIMG0017.jpg

そうそう、立ち漕ぎは斜めになるんだな。



RIMG0020.jpg




今日はいい日。

RIMG0031.jpg


こういう空、年に1回か2回しか見られないからすごくいい日。

「おかあちゃん、すごいよ、すっごいきれいだよ」
って、上の男の子が仁王立ちしてた。



[ 2008/07/06 21:46 ] life | TB(0) | CM(6)

当たり 其の二。 

今日は風がとてもよろしくて、家の中が気持ちいいです。

洗濯物をしている途中で、自分の着ているものも洗濯したい、
そして自分も洗濯したいと思いたち、お風呂に入りました。

さっぱりして、冷凍庫に3ヶ月は眠っていたナンを取り出して、
タマネギとトマトだけのナンピザを作りました。
ビールはオリオンビール。

いまいま、いまが幸せ!

なんて、独身気分を味わいつつの昼下がりです。

相変わらず掃除ができてない!


本日の当たり本はこちら、

クレーの絵本クレーの絵本
(1995/10)
パウル・クレー谷川 俊太郎

商品詳細を見る


パウル・クレーのんは朝日美術館のものをこれもまた古本で持っていましたが、
質感といい、発色といい素晴らしいです。
それに谷川俊太郎の詩です。大満足です。
これで1500円なら新品でも買っていました。


この中に出てくる、
幻想喜歌劇「船乗り」から格闘の場面
(↑クリックすると大きい絵が見られるHPにとべます)
という、絵があるのですが。

4010~Sinbad-the-Sailor-Posters




この絵を見ていて、大変身の程知らずではあるけど、
小学校のときに似たような絵を描いたことがあるのを思い出しました。


ヤマタノオロチという話を先生に読んでもらって、
印象に残った場面の絵を描くという授業があったのです。

そんなことをふと思い出して子供の頃の写真を探していたら、
なんとあったのです、その絵の写真が。


そういえば学校のどっかに飾られていたとかいないとか聞いたことがありました。
この絵かどうか、わかりませんが。





RIMG0002-2.jpg



小学校一年生なので、多めに見てください。
主人公のスサノオが極端に体が柔らかいのか、腕がすごいことになっています。

でも似ているといっても、
血がぽたぽたなっているところだけやんか。


ついでにおもしろい写真をいくつか見つけましたが、それはまた今度。


幻想喜歌劇「船乗り」から格闘の場面

それはいつかどこかで
ほんとうにおこったたたかい
いいえゆめのなかでなく
いいえげきじょうのなかでなく
うみのまんなかで

あなたはおもいだす
あなたのうまれるまえのそのときを
あなたのいったことのないそこを
そしてさけぶ
おそろしさのあまり

べつのせかいへと
めざめることはできないのだ
ぬるぬるのうろこのうえをすべり
なまぐさいくちのなかへ
まるごとあなたはのみこまれる

谷川俊太郎


[ 2008/07/05 16:17 ] book,art,etc.. | TB(0) | CM(2)

自然治癒力。 



念力はあるようなないようなだったけど、
こんな力が自分にあるとは思わなかった。





内視鏡検査室でおえっーと言ったから、
7月4日は胃カメラ記念日。



自分で書いておいて言うのもなんですけど、こんな記念日いらない。
俵万智 さんごめんなさい。

いやあ、あの辛さって半端ではないんですね。
いろいろ経験談を聞いて覚悟をしていましたけど、やっぱり人ごとだったんだ。


まだやったことのない方のために、胃カメラの手順です。

嫌な人はやめておいてね♪


1.内視鏡検査室に診察券を出したら順番がくるまで椅子の上で豪快にうたた寝します。

2.3回くらい呼ばれたら中へ。看護婦さんが手順をかるくレクチャーします。

3.まず紙コップに1/3入った胃の洗浄用の液を飲み干します。
(紙コップは捨てないで持っておきます)

4.紙コップを手に持ち、うがいの格好をして
ゼリー状の麻酔薬を看護婦さんに入れてもらいます。

そのままきっかり3分喉のところに止めて待ちます。
きっかりっていうのは、本当にきっかりで
看護婦さんがキッチンタイマーを仕掛けていきます。

5.ピピッと鳴ったら紙コップに4のゼリーを吐き出します。

6.麻酔が効いているので喉の辺りが変な感じです。パースで区切られている胃カメラコーナーに行きます。

7.胃の動きを止める薬を方にぶすっとされます。結構痛いです。

8.のどぬーるみたいなスプレー式の入れ物から、喉の奥にさらなる麻酔液が4−5回プッシュされます。(わたしは3回目でむせた)

9.むせて咳をいっぱいしたので、大いに凹みます。

10.いよいよベッドに横になり、抱き枕を両手両足で抱えるようにして横になります。
(このあたりから、気持ちを楽にするようにと看護婦さんに何度も言われます)

11.枕にほっぺたをくっつけて、口にマウスピースみたいなプラスチックをくわえます。
(まるでドMみたいだと、しょうもないことを考えますがたまらなく緊張しています)

12.女医さんが登場します。(もちろん男医の場合もあり)
(看護婦さんが肩の力を抜け、深呼吸をしろ、目を開けろ、遠くを見ろと優しく言ってくれます)

13.一人前(少なめ)のスパゲッティくらいの太さのカメラが容赦なく11のプラスチックの穴から入ってきて、人生最大のおえっを経験します。
とにかくこれが一番辛いです。

14.あとは12で看護婦さんが言ったことを繰り返すだけです。逃げも隠れもできません。
途中で水を入れたり、青い液を入れたり、ルパン三世が使っているようなキコキコ挟みみたいなのが入っていっていたみたいですが、全く余裕がありませんでした。


結果、十二指腸潰瘍と胃潰瘍を何度か繰り返し、
そして、自然に治った痕があると、いわれました。

わたしすごい!!
自然治癒力万歳!


ということで、検査は一段落つきました。

まだ結果とか聞いてないけど、
総合してみると、まあまあ健康かなという感じです。


文字、大きくするのが楽しくてしゃーない。



[ 2008/07/04 22:24 ] I am .. | TB(0) | CM(8)

おかえり。 

GRちゃん復活です。
さみしかったよぉ。

なんとなく、エステに行ってきたような艶やかさ。
全部初期化されていて、写真を撮ったら音がした。あわわわ。
ADJボタンを押すと9割は落ちていたので、それがスムーズでさらに驚いた。

RIMG0003.jpg


西宮で電車に乗るときは青空が見えていたのに。
夕立が降り始め、須磨でドアが開いたときは雨と一緒に温かい海風が。


海に行きたいなあ。


[ 2008/07/03 21:19 ] life | TB(0) | CM(4)

vengo. 


TSUTAYA半額DAYに限り、ちょこちょこ映画を観ております。

カメラが意図的に固定されていないから、常に揺れています。
とてもできのよいプロモーションビデオを観ているような感覚の映画ですが、
とても気に入りました。

葛藤というのは、逃れられないからそう言うのかも知れない。
人生は一筋縄にはいかない、起きてしまったことは消せない。
あえて消そうと懸命になることを美徳として受け入れているような気がする。




このオープニングを再度観ていたら、
トルコやアラビア地域の音楽と繋がっているのだなあと思いました。
そして確かにインドにも、そしてアジアにも。不思議だなあと。




なんてことを思ったのですが、
わたしのこのぼけーっとした感覚よりも、
もっと親切な記事をcazorlaさんが書かれていました。


なるほどー!と、仕事中に納得してしまったのでした。


サントラのCDをTSUTAYAにて探す予定。
もちろん半額DAYに♪


[ 2008/07/01 22:13 ] book,art,etc.. | TB(0) | CM(3)

当たり 其の一。 

古本購入に沸き立つ我が家ですが、
なんでまた、こんな本を・・・というようなものもあれば、
これはいい!これは当たり!と、思った本もあります。


世界のとんぼ玉世界のとんぼ玉
(1999/05)
谷一 尚工藤 吉郎

商品詳細を見る


1100円で購入。
紀元前200年くらいのものから載っています。
華やかさで目を引くのが、オランダとベネチア、
そして江戸期の日本
日本の色彩感覚って、当時はすばらしかったんだなあと思いました。
色遣いといい、デザインといい、鎖国は正解だったといいたくなるほどです。

明治維新と世界大戦は、すごく大事なものを欠落させてしまったんだとしばし絶句。
嬉しい反面、考えさせられました。

とんぼ玉職人に転職しようかな。

古本シリーズ続きます。

[ 2008/07/01 12:40 ] book,art,etc.. | TB(0) | CM(6)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。