poco a poco.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

翼の生えた天使たち。<バンコク ベリベリショートトリップ 2009> 

このバカ長いタイトルをやり通しただけでかなり満足です。


さて、宵の口の散歩のあとは民主記念塔のマクド前で待ち合わせです。
民主記念塔の周りはロータリーになっているので、歩きでは行きづらいからってことで、
タクシーに乗ることにしました。

タイのタクシーは日本に比べるととっても安いので気軽に使えます。

世界中にあるマクドナルドだもの、通じると思ってマクドナルド!と言ってみたけど大間違い。
運転手さんに通じないのです。


マクゥドナールド?
マクドォヌァールド?



大人2人、必死のパッチでネィティブ風に言っても通じません。
(あたりまえだっつーの)

ガイドブックを見せながらえりんぎぃがマクドナルド!っていうと、


マック!

と、あっさり了承されて、こっぱずかしいやらなんやら。
やっぱ世界標準はマクドでなくてマックなのねと思ったのでした。


マクド(ここは意地でも)を背に撮った民主記念塔。
IMG_0839.jpg



さて、面子も揃ったので気が狂うほどおいしいというパッタイ屋に行くことになりました。
満席御礼です。
写っていませんが、右の方にコンロが数台あり、常に鍋一杯の面をかき回している状態。
鍋担当のお兄ちゃんは、たまに手を止めてだるそうに腕を回して休憩していました。



IMG_0841.jpg
パッタイとは米で作った麺で作る焼きソバなんですが、
ここのんは上品に薄焼き卵に包まれていまして、入っていたエビもぷりっぷりでした。
しかも100円です。

残念ながらここではビールが飲めないので、すぐ隣のお店に移動しました。
ちょっと高めではあったけど、ここもすごくおいしかった。

ものすごい火力で鍋をざんざか操るおばちゃんを炎のおばちゃんと名付け、
尊敬の眼差しで見つめ続けてしまいました。


わたしが日本から泡盛を持ってきていたので、飲めそうな場所を探しておいておくれ。
と、お願いしていましたら、雑貨屋の店先にある即席バルを見つけてくれました。
こういう才能って大事ですよねー。


雑貨屋の主の家族と友人思われる人たちが隣のテーブルで飲んでいて、
ビシッと七三に分けた兄さんが「ハッピー、ハッピー」と、言いながら何度もチャイヨー(乾杯)をしてきます。
この方たち、店先のお菓子を開けてはわたしたちに分けてくれました。
最後にはこのハッピーな酔っぱらいが木に登りはじめ、
謎の実をとってきてくれました。見たことのない小粒の実で、渋くてすっぱい。
酒飲みが好きそうな味でした。



このバルで小さな事件が。
ソムタムさんが転けて石の椅子に口をぶつけ流血騒ぎに。
すぐに泣きやんだものの、このときえりんぎぃとソムタムさんは先にホテルへ帰ることになりました。



IMG_0842-2.jpg
残された大人4人。(カメラマン含む。)
この後ろの壁をチンチョがテケテケと通るので、
手づかみしようとすると尻尾を落としていきました。


トカゲの尻尾って、引っ張れることでじゃなくトカゲの強い意志でとれちゃうことを発見!

結局このバルには2:30頃までいてましたが、
払ったのはシンハの大瓶3本分だけでした。150B。泣けるほどいい人たちです。



IMG_0843.jpg



IMG_0844.jpg
そういえば、前回も満月だったなあ・・・
泡盛を空けて、バルを後にしました。


酔っぱらい天使は4人から3人へ。


「まだ飲むよねー」と1匹の天使がパタパタ。
2匹の天使ももちろーんとパタパタ・・・


さらに屋台へと移動するのでありました。




スポンサーサイト
[ 2009/03/07 14:42 ] trip | TB(0) | CM(12)

なやめるソムタムさん。 

ひさしぶりのソムタムさんです。もちろんバンコクではずっと一緒でした。



RIMG0220.jpg
プラスメン砦公園横のボート乗り場、日陰でエクスプレスボートを待っています。





RIMG0239_20090301235949.jpg
ソ、ソムタムさん、あたま散らかりすぎちゃいますかね、、
それじゃあ、まるで、おやっさんみたいじゃああーりませんか。



RIMG0242.jpg
ものすごい眠そうなんだけど、眠らないソムタムさん、どうしたんやろ・・・



RIMG0243.jpg
おおっと、、悩みはちょっと深刻そうではないですか、目が訴えてますよねー、





このあと、この表情の理由が判明。
1枚目の写真で持っているコインは、母ちゃんから預かった大事な10B。
ソムタムさんは、それを大事に大事に握りしめていたのです。
かあちゃんが手のひらを差し出すと、10Bを預けてすぐに眠りました。






ノンタブリーの公園で大人2人はビール休憩。
ソムタムさんはハトにエサをやるのだと躍起です。
RIMG0273.jpg
逃げまどうハトたち。




RIMG0283_20090302000112.jpg
かあちゃん、もう一回エサおくれー。




RIMG0284_20090302000131.jpg
あいよー。




RIMG0285_20090302200606.jpg
1匹残らず、、飛びさられてしまいました。。



ソムタムさん、ハトエサやり名人までの道のりは長いのであります。






このあと、トキメッキな出会いが!!



[ 2009/03/02 20:28 ] somtam | TB(0) | CM(4)

宵の口の散歩 <バンコク ベリベリショートトリップ 2009>  

もうこの長いタイトルに嫌気が差してるのに、一歩も引けないのです。

River view pointへ行ったの2日目の夜、屋台で飲んだあと、
王宮の公園で夜中までやっているフリーマーケットを冷やかしました。
1周するのに1時間はかかりました。

あんなに規模の大きいフリマははじめてです。
たぶん、夜中の1時は回っていたと思うのですが、パワーあるなあと思いました。

ホテルに帰って、またビールを飲んで寝たのですが、、
夜中にベッドから落ちてしまいました。



よく怪我をしなかったなあ。落ちるか普通・・・



翌日はこちらで書いた通り、
チャオプラヤー河のボートに乗りました。


そのあと、なんやかんやと移動して・・・(省略、省略、、)



バスに乗ってまたカオサン付近まで戻ってきました。

夕暮れの散歩です。
屋台が一斉にお休みなると聞いたのですが、結構あちこち開いていました。
なにかのお祭りらしかったのですが、あんまり関係のないところにいたみたいです。



RIMG0333.jpg
おっとととっ。慌てている感じ、おもしろいでしょ。




RIMG0342.jpg
車通りも増えてきていました。




RIMG0348_20090228233744.jpg
じつは、えりんぎぃさんのおすすめ散歩コース。なんか見たことのある道です。




RIMG0355_20090228233836.jpg
集中力がバンコクの闇へ溶けていきます。(ハードボイルド風)




RIMG0354_20090228233819.jpg




RIMG0357.jpg




RIMG0358_20090228233906.jpg
この女性、とても楽しそうに仕事をしていたんです。
わたしもミシン使えるようになりたいと思いました。




RIMG0010_20090228233615.jpg




RIMG0018.jpg
夜のカオサン。やっぱり夜の方がしっくりきます。





[ 2009/03/01 00:01 ] trip | TB(0) | CM(4)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。