poco a poco.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

JEGOG. 

2年前、バリ島の奥地ヌガラ県でJEGOGという楽器の演奏を見てきました。バリ島の内陸ウブッから車で飛ばしまくって4時間のところにあります。

周りは田んぼと森のみ。村の家の光は僅かで真っ暗で虫の声しかしない場所に到着しました。

会場はさすがに明るくなっていて、広場に茣蓙が敷いてありそれが観戦席でした。横には屋根付きの舞台のような場所があって、そこには村の子供たちと年寄りが腰掛けていて、一緒に見学していました。

ジェゴグはヌガラ県でしか採れない直径20cmの竹でできた打楽器です。インドネシアでは打楽器のことをガムランといい、竹でできた打楽器をティンクリックといいます。
ジェゴグの演奏は大小14台のティンクリックが決められた順に並べられ、最も大きなティンクリック=ジェゴグが最後尾の真ん中に設置されます。その両側に少し小さめのウンディールが設置され、この3台がベースの役割となります。
わたしは2列目のカンチールを弾かせてもらったと思います。

jegog-1.jpg

たぶんカンチール。

ティンクリックの音階は4つ。ドン、デン、ディン、ダンと言います。
その4つには多くの意味が含まれています。

第1音 … 北 黒  水の神 ドン
第2音 … 東 白  太陽の神 デン
第3音 … 南 赤  火の神 ディン
第4音 … 西 黄  土の神 ダン

感覚と記憶と幻想の合間で、cazorlaさんが音にも色があるというコメントをくれたのでこれを書くことにしたのですが、たぶんこのことであろうと思います。

jegog-4.jpg

4音階について説明する団長さん。

この一番大きなジェゴッグが出す重低音は人間が聞き取れるギリギリの低音らしく、耳からというより皮膚や体の内側で受け止めている感じがしました。

jegog-2.jpg

ジェゴグは2人で叩きます。

ジェゴグの下で聞くと低音の海に浸っているような感覚になります。その感覚は胎児が感じているものと似ているという方もいます。

jegog-3.jpg

ジェゴグの下から。

ジェゴッグの低音の余韻は独特で、強風の中でロープやワイヤが低い低音を出しているのを聞いたことがないでしょうか。わたしはあれに似ていると思います。

ジェゴグの演奏は自然界のバランスと密接な関係があるそうです。

それについては、楽団のHPから抜粋します。
「私たちの生きている世界には、1から11までのバランスがあります。
8つの方角と。保護を司るウィスヌ神、想像を司るブラマナ神、そして破壊を司るシウ"ァ神の3神の計11のバランスで成り立っているのです。そして、男と女、左と右、天と地、陰と陽などのバランスが崩れることによって、この11のバランスに異変をきたし、天変地異が起きたり、世界にさまざまな争いが生じたりすると考えられています。
バリの伝統芸能は、すべてこのバランスを重視して演奏されます。なぜならバリの音階は、人びとが神に捧げる祈りから生まれたものだからです。つねに美しく、楽しい音楽には、感謝の気持ちと祈りが込められているのです。
ジェゴグによって奏でられる音階は4つですが、そのぞれの音は「方位」と「色」を表し、同時にそれぞれの神を宿しています。そして4つの音が一体になったものが、方角の中心、すべての色を含む混合色、シウ"ァ神=守護神、を表すのです。」

シヴァ神にも二つの意味があるのですね。
自然と強く結びついた信仰には単純と複雑が同居しているように思います。

takoage.jpg

凧揚げをする子供たち。

バリの人たちの表情はとても無邪気です。
詐欺や恐喝をする悪い人もいますが、心の底から他人を羨んだり騙そうとする人は少ない気がします。楽しく過ごすためには注意は怠ってはいけませんが。
バリの繁華街で話しかけてきた中学生か高校生くらいの子は、うまくいけば日本人相手に稼ごうと思っていたのでしょう。結局は、わたしの捜し物を延々と探す羽目に陥っていました。儲かったのはお店のおじちゃんですが、少しくらいお小遣いをもらったりできたんでしょうか。

アジアの子は働き者で親孝行です。
スポンサーサイト

[ 2007/09/23 20:37 ] book,art,etc.. | TB(0) | CM(2)
ちゃんと色を使って 演奏するのですねー。
フルートの教科書にも 音色ではなく 音の色について説明がのっています。 あと 演奏の時 先生が こういうふうに体を動かす気分の音 というような説明。 音が 視覚であり 動きであり 色んな方向から感じなければならない。 すごく おもしろいですよね。
ちなみに 夫はちいさいとき 共感覚だったそうです。
これを聞いた時もすごくおもしろいなと思いました。
ランボーも共感覚だったんですね。
[ 2007/09/24 07:16 ] cazorla [ 編集 ]
cazorlaさん>共感覚!なんか憧れてしまいます。生まれたばかりのときはみんなそうだったりするとか。
音から伝わるのは確かに音だけではないと思います。
受け皿が豊かであることは素晴らしいことですね。
[ 2007/09/24 14:30 ] rorie [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。