poco a poco.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

西日。 

寒い朝が多くなってきた。

西日が午後の早い時間から部屋を暖める。

この季節は何を着たらいいのかわからない。
休日もどうしていたらいいのかわからない。

やることはたくさんある。
小説も進めなきゃならないし、
衣替えとか洗濯物の整理とか、
やってしまえばすっきりすることがあれこれある。

でも、なんだっけ?と立ち止まる。
何がやりたかったんだっけ、わたし?
窓辺で立ち止まると日の光にほっくりする。
ベッドに座ると体の半分が焼けてくる。

本を持ってきてゆっくり捲る。
ゆっくりゆっくり。
案の定、眠くなってくる。
ときどき意識が飛ぶ。
襖に映る西日が強くなる。

少しの居眠りから目覚めると、襖が赤く染まっていた。
わたしには写真に撮りきれない赤。

真っ赤な襖と裏腹に西日の温かさは弱まっていた。
昼がぷつんと終わり、土曜の夜が来る。

IMG_781.jpg

スポンサーサイト

[ 2007/11/03 23:40 ] season | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。