poco a poco.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ソムタム。 

バンコク-アユタヤに行ってきました。

何故かいつ行っても子持ちの友達がいるバンコク。
子連れの旅は得することばかりです。



タイ人は子供が大好きなので、赤ちゃんを見つけるとじっとしてられません。
掃除中であれ、接客中であれ、料理中であれ、
ソムタム(相方の子供のチューレン=ニックネーム)をみると、
目をキラキラさせて近づいてきます。

R2516349.jpg

その人の出身地にもよるみたいですが、
チューレンがソムタムと聞くと大うけします。
(ソムタムとはパパイヤのサラダのこと)
そして仲間を呼びます。
「ちょっとこの子ソムタムだって!!」
みんながのぞき込み、そして聞きます。
「何ヶ月?」
「4ヶ月だよ」
「でかいね」
「そう、かなり重いよ」
「・・はげてるね、ソムタム」
あははは!
笑う母。はしゃぐソムタム。

あるおばちゃんが、
「うーんそれなら二人目の名前は・・カーニャオだね」
(カーニャオとは餅米を蒸かしたやつ)
そのときはさっぱり意味がわからなかったけど、
ソムタムとカーニャオは一緒に食べるらしい。
大うけするおばちゃん、大笑いの母、はしゃぐソムタム。

とにかくソムタムがいるとタイ人が集まるので、
ともて和やかになる。
相方とソムタムと三人で行った、
アユタヤ一泊二日の旅はソムタムに守られているようなものだった。


どこに行っても良い人と悪い人がいる。日本も同じ。
悪い人には関わらず、良い人の気持ちに素直に乗ることだと再確認した。
良い人は、優しくて厳しい。
フォアランポーン駅でトゥクトゥクの運転手さんに怒られた。
ベビーがいるんだから、タクシーを拾っていきなさい!
大人二人は素直に「はーい」と応じた。
タクシーに乗る二人を見届けて、
ほっとしたような呆れたような顔をする運転手さんの顔を見ていたら、
ドアの縁に頭をぶつけた。

ソムタムは乗り物に乗るとぐっすり眠る。
ホテルに着いたりちょっと休憩をしていると、
おっぱいを要求し、うんちをする。
すべてがええタイミング。

R2516017.jpg

カオサンでちょっと大泣きをしたけど、
そのときもソファーのある落ち着いたcafeで、店内に客も居ない。
店員さんも何も言わない。
ソムタム〜、君は本当にええ子。そして、すごい天才かも!
本気でそう思う大人二人。

R2515997.jpg

頭のてっぺんから顔の方向に一筋硬い骨があるのを見つけて、
ウルトラセブンを歌う大人二人、大はしゃぎのソムタム。
セブンは第二のチューレン候補となったのでした。

R2515931.jpg


R2515933.jpg

ちなみに血の繋がらない女で、
最初に君の唇を奪ったのはわたしだから。
なかったことにはさせませんから。


R2515940.jpg

おっぱいよこせと言われました。
乳も出ないうえに貧乳なのよ。。ゆるせ、ソムタム・・
スポンサーサイト

[ 2007/11/29 22:29 ] trip | TB(0) | CM(17)
おぉ、お帰りんこ!
[ 2007/11/30 00:17 ] ハタ坊 [ 編集 ]
や~、かわいいな~、ソムタム♪

 ↑
親バカ
[ 2007/11/30 00:54 ] えりんぎ [ 編集 ]
お帰りなさい!
楽しい旅になったみたいで良かったですね。いやぁ、ソムタムくん可愛いなあ。
MBKの店員さんも出て来るはずですね。
[ 2007/11/30 01:49 ] barrameda [ 編集 ]
かわえ~。そして想像以上におっき~。もうすぐ会える~!
[ 2007/11/30 12:44 ] kuko [ 編集 ]
人生初のセクハラを受けた訳か
セクシャルハラスメントを
そのセクシャルなハラスメントを
[ 2007/12/01 01:38 ] ぱつぱつ [ 編集 ]
ハタ坊さん、ただいまりんこ〜。って言えばいいのか?
[ 2007/12/01 17:18 ] rorie [ 編集 ]
えりんぎ、いや〜、親ばか爆発させててええんじゃないかい。

ええじゃないかい。
[ 2007/12/01 17:20 ] rorie [ 編集 ]
barramedaさん、本当にどこに行ってもですよ。
店員さん、ソムタムに満足したらじゃあね〜って。
わたし、買い物にいってたんだけどなあ(笑)
[ 2007/12/01 17:23 ] rorie [ 編集 ]
セクハラではなくあくまでもエロ仕込みだわよ。

エロソムタムと呼ばれるその日まで、
がんばらな。
[ 2007/12/01 17:24 ] rorie [ 編集 ]
よ、よぶなよ~。がんばるなよ~。
[ 2007/12/02 02:22 ] えりんぎ [ 編集 ]
ソムタムくん、アンダルシアに連れてきて伊達男に育てましょう。
カオニャオくん(?)ガイヤーンくん(?)次男、スペインで産んでみるとか。
田舎ならバンコクと変わらない金額で生活できますから。出産すればビザ降りるしね。
[ 2007/12/02 07:19 ] barrameda [ 編集 ]
えりんぎ、ほらほら、 barramedaさんのアドバイスをよく聞いて!
伊達息子を2・3人産んでおけば、世界中に孫ができてもっそお楽しいやんか。
[ 2007/12/02 23:23 ] rorie [ 編集 ]
barramedaさん、それすごくいいです!
えりんぎの次の出産はスペインってことで、勝手に進めましょう〜。
[ 2007/12/02 23:26 ] rorie [ 編集 ]
実は、そのつもりなんだよ~ん。
うふふ~。
っていうか、子供生んだらビザおりるって本当なんすか?!!
もう、絶対産む。

旦那と離婚しても産む!
[ 2007/12/03 01:21 ] えりんぎ [ 編集 ]
kukoちゃん、0歳児の唇を奪ってきてくらはい。ぬはは。
[ 2007/12/03 10:21 ] rorie [ 編集 ]
えりんぎ、どこでインパクトのでかい決意発表してんのさ!

ほんで、まだ娘ができたらマリアにして、安倍さんと結婚させようとかって思ってるんやろ~。。
[ 2007/12/03 10:25 ] rorie [ 編集 ]
そうやで~。
でも、伊達男ももうちょっとほしいし~。マリアもいるでしょ~。
どうしよ、何人産もう。

ていうか、離婚したら、子供できんな。
本末転倒というやつやな。
でもさ~、旦那さんアジア以外に興味がまるでないんだけど~
[ 2007/12/04 01:47 ] えりんぎ [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。