poco a poco.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

バンコク。 

bankok.jpg

階段をこんな順序で作るとはしりませんでした。

bankok2.jpg

人のいいバイクタクシーの運転手さん。

bankok3.jpg

ファランポーン駅。ここからアユタヤに向かいます。

bankok4.jpg


bankok5.jpg


bankok6.jpg

橋の上から。

bankok7.jpg

これも橋の上から。息を止めて通過したい場所。

bankok8.jpg

でもにゃんこはにゃんこ。

bankok9.jpg

17Fから撮ってますがものすごく高いです。

bankok10.jpg

その足元はこんなです。左手が24時間稼働し続けているセメント工場、右奥が小学校。あの橋付近の空気の悪さはこの工場のせいではないかと思う。
でも王族のものらしいので文句を言ってはいけない。

橋の上には両腕のない男性が口にコップをくわえて物乞いをしています。そんな光景が一瞬で粗雑な町にとけ込んでしまうのです。
町を少し歩けば圧倒的な情報量に舌を巻きます。道頓堀がかわいい町に思えてきます。空気、音、色、匂い、温度、どれかに気を取られているうちに大変な量の記憶を奪われます。早めに諦めることが一番かもしれません。

bankok0.jpg

シンハガール。

bankok00.jpg

巨大なビアホール。この町は月曜の夜以外眠りません。
スポンサーサイト

[ 2007/12/02 20:18 ] trip | TB(0) | CM(2)
あれだろ、これってえりんぎのんが移ったんだろ?
[ 2007/12/04 12:47 ] rorie [ 編集 ]
あらま~、カゼみたいね~。
[ 2007/12/05 01:28 ] えりんぎ [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。