poco a poco.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

我慢が足りない。 

この季節どうしても我慢できない食べ物があります。
それはできたての「酒粕」であります。
板状のをアルミ箔の上にのせて、トースターでまんべんなく焦げがつくくらいまで焼いて食べます。
あとは、何の工夫もしません。
子供の頃は、ストーブの上で焼いて食べていました。

お気に入りは大関と白鶴の酒粕です。
結構しっとりしていて、もろみのつぶつぶも残っていておいしいです。

踏み込粕といって、4・5ヶ月間貯蔵してから出荷するペースト状になったものがあります。漬け物にむいているらしいですが、かなり物足りません。
夏場はこれしか手に入らなくなるので仕方なく買うのですが、
やっぱり絞りたてがおいしいです。
そう、今が旬なんです!

旦那に厳しくぽっこりおなかを指摘される毎日なのに、
今日もまた買ってきてしまいました。
ご飯を今から作るというのに、既に一枚焼いて食べてしまいました。

「これ、全部内緒ですから。」

ストーブの上と言えば、色んな物を焼きました。
酒粕、
するめ、
みかん、
芋(料理に使えない細いやつ)、
かき餅、
銀杏、
落花生、
そういえば、兄が生卵を破裂させたこともありました。
あれは凄かった。
何が起きたかしばらく分からなかったです。
「アホかいや!」って怒鳴られてました。

灯油の高騰やら、一酸化炭素中毒事故やらで、
石油ストーブもどんどん消えていきますね。
特にヤカンが乗せられて、
いろいろ焼けるタイプは減っていくんだろうなあ。

地震が起きて電気が通じなくなると、
あのタイプしか使えないのだけど、
買うときにそんなことは考えないだろうし。
うちの実家も両親が歳をとって危ないので、
去年から石油ファンヒーターになってしまった。

ストーブの上でコトコト作ってもらった甘酒が妙に懐かしい。
昔から好きだったんだなあ、酒粕。

R2516208.jpg


R2516209.jpg


R2516059_1.jpg


最近、眠くてしようがないです。
スポンサーサイト

[ 2007/12/10 20:51 ] practice | TB(0) | CM(6)
大晦日になると小豆の鍋や黒豆の鍋がかわりばんこにストーブに載ってた。懐かしい。
大晦日に小豆を炊くのは鳥取だけだと思うけど。
かき餅おいしかったな~。

眠りを誘う写真だよね。
[ 2007/12/11 01:25 ] えりんぎ [ 編集 ]
おととい我が家は粕汁だったで
大関と白鶴は酒はよろしくないが
酒粕はよろしいって師匠が言うてた

>えりんぎ
かき餅あるよ
厨房に
イヤーっ
[ 2007/12/11 11:29 ] ぱつぱつ [ 編集 ]
えりんぎ、小豆炊いてたね~。そんなに作って誰が食うのさ、ってくらい。
でもマジだから言えないんだね~。
[ 2007/12/12 09:34 ] rorie [ 編集 ]
ぱつぱつ、粕汁にする前に焼いて食べてしまう。肝心なときにない、酒粕ジンクスがあったりなかったり。。

かき餅はおやつなん?それとも新しいプレッシャー?
[ 2007/12/12 09:36 ] rorie [ 編集 ]
うちは昨日も粕汁だったわ
呪いかも・・・
つーか焼いて食うた事ないなー
それをやり始めたら粕汁に到達せんと言う事だら?

かき餅は見事にカビってた@厨房
[ 2007/12/13 04:20 ] ぱつぱつ [ 編集 ]
そういうこと。でも、別に支障はない感じ。
うちの旦那は粕汁があんまり好きじゃないっぽい。
(わたしだけでなく、本人もよく分かってない・・)
[ 2007/12/13 21:01 ] rorie [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。