poco a poco.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

仲いいのね - お猿さん編。 

断崖絶壁の上にあるウルワツ寺院です。
ウキーッ!お猿は激しい性格の動物だと信じていたので、
気の抜けまくったお猿が新鮮でした。

R2516712.jpg

第一お猿発見!

R2516717.jpg

ほれ撮りなはれと迫るお母さんお猿。

R2516718.jpg

ちょっと人見知りな子猿がかわいかった。

寺院は軽装では入れません。
短パンの人には紫の布を貸してくれます。
わたしは紐だけ付けろと言われました。

R2516721.jpg

借りたものは返しましょう。

R2516727.jpg

恥じらいのポーズ。

R2516733.jpg


R2516736.jpg


R2516746.jpg


R2516749.jpg


R2516751.jpg


R2516753.jpg


猿とおし?さん


インドネシアの他の島からの観光客がほとんどでした。
日本人はあんまりいなかったなあ、きれいなお寺なのに。

おじさんも紐だけを借りたのね。

R2516760.jpg


R2516762.jpg


R2516763.jpg

この島の人が造った建物は、自然とみごとに調和しています。
バリ島のバリヒンドゥーは仏教とヒンドゥーと自然崇拝が入り交じっています。
人々はいつも土を踏み、土に感謝し、
水を使い、水に感謝し、
朝目覚めれば、太陽や雨や食べ物に感謝し、何時間もかけてお供え物を配ります。
お供え物は笹で器をつくったもので、そこに食べ物やお花、線香を入れます。

道には観光客に踏みつけられたお供え物がたくさんあります。
バリ人はお供え物が踏まれようと、車に潰されようと気にしません。
祈りを捧げたことが大切であって、お供えしたことはもう過去のことなのです。

バリ人と他の島から出稼ぎに来ている人の違いは、なんとなく分かります。
バリ人は、商売が下手です。
人と関わることが好きで、商売に集中できないのです。
車をチャーターして静かな海に連れて行ってもらったとき、
セレモニーがあるから何時までには帰らなきゃならないんだと言われた。
「そりゃしゃあないな」
と、思わず笑ってしまった。
彼らにとってのセレモニーは、仕事なんぞよりずっとずっと大切です。
その姿を見ていると、こちらも嬉しくなってしまうほどです。

もしバリ島に行って、運転手さんや店員さんがおでこにお米を付けていたら、
それは間違いなくバリ人です。
セレモニーのあと、仕事に戻った人たちなんです。
スポンサーサイト

[ 2008/01/19 00:15 ] trip | TB(0) | CM(9)
二つ目~。

ウッキーっ。
お猿、アップですね。
本当に馴れているんですね。カメラ目線…笑

海の水、とろみがあるような、不思議な色です。
上から4番目の、良いですねえ。すごく好きです。

バリ、ヒンドゥーなんですね。
無知でした。
きっと、自然のパワーに満ちた、
やさしい土地なんでしょうね。
バリも、タイも、行ってみたいなあ。

[ 2008/01/19 02:08 ] alec [ 編集 ]
アジアに行きたいなー。ゆるくていいですね、何か平和に裏打された強さがあるというか。
温暖で湿潤で気持ちが優しくなりそうです。食べ物が美味しくて、物価が安いのもとても嬉しい(笑)。
周囲の壁、しっかり積んであるんですね。丁寧に。新しく作られた物だとしてもやっぱり昔の人の技術は凄いなぁ。

[ 2008/01/19 05:31 ] barrameda [ 編集 ]
すごい立地条件ですね、この寺院!自然の要塞。
お猿さんって、人間と同じ顔ですね。私のおじさんと同じ顔。

恥じらいのポーズ、、、全然恥らっていないってばぁー。ははは。

セレモニーから遠ざかる現代の流れですが、今も見えないものを大事にする
する人たちの国なのですね。行ってみたいなー。カルチャーショックありそう。


[ 2008/01/20 00:17 ] mai [ 編集 ]
alecさん、ここの海の色は独特です。染め物の原液のような、とても深い色です。もっと太陽の光があればよかったのですが、でも満足です。
カメラ目線の母さん、いいでしょ。平和な場所でした。
[ 2008/01/20 15:23 ] rorie [ 編集 ]
barramedaさん、煉瓦を積み重ねている途中の建物もあったんですけどね、
そして大工さんに話しかけられたりもしたんですけどね。。
肝心なときに写真撮れてないんですね〜。

気持ちが優しくなるのを通り過ぎて、
うかうかし過ぎになっちゃいますね〜。
物価の安さは本当にありがたいですよ。
多少ぼられても笑ってられますもんね。
[ 2008/01/20 15:27 ] rorie [ 編集 ]
maiさん、犬といい、お猿といい、なんだかお間抜けでしょ。
あのお猿さんは、カメラを向けたらあのポーズをとってくれましたよ。
サービスなんですかね?

バリ島の文化はインドネシアの中でも独特なんです。
元々は独立した王朝があったので、
丁度日本の中の沖縄に似ていると思います。
もっとゆっくりしてきたかったです。
[ 2008/01/20 15:32 ] rorie [ 編集 ]
おサル近くね?
つーかおサル多くね?
[ 2008/01/21 02:36 ] ぱつぱつ [ 編集 ]
ぱつぱつ、あのね、モンキーフォレストっていう猿の森があるのね。
そこはおサルの祭りだよ。
入ったことないけど、前の通りに溢れたおサルがわらわらいる。
[ 2008/01/21 23:26 ] rorie [ 編集 ]
おサルわらわらおサル祭り
そして恥じらいのポーズ
侮れない・・
[ 2008/01/22 12:27 ] ぱつぱつ [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。