poco a poco.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

熱帯のSAKURA。 

バリにはたくさんの芸術家がいます。
主な芸術家と言えば、舞踏家、音楽家、画家の3つでしょうか。

バリで芸術家を名乗る人の殆どが農家でもあります。
バリの米作りは二毛作から三毛作。
休閑期などほとんどありません。

それでも農業をやりながら芸術を続けられるのは、
芸術が宗教的生活と切っても切り離せない祭事であるからですが、
ただそれだけではないだろうとも思います。

人々の考え方がとても大らかで豊か、なのです。

残念ですが、今の日本人の思考が豊かな状態とは言えません。

日本は仏教の国と言われていますが、それは本当でしょうか。
仏教的な考えに収めてしまうが故に、見逃していることが多い気がします。
いつから始まってしまったのでしょう、この、おかしな思考の流れは。

宗教とは心を自由にするものでなくてはならない気がします。
こうでなくてはならい。そこから始まるものではないような気が。

脈絡はあるつもりなのですが、
これは分かりづらい流れですね。
タイやインドネシアでは、
素直に祈りたいという気持ちにさせてくれる。
これは何だろうと思うのです。あの気持ちが日本で持てないのは何故だろうと。

sakura.jpg

<クリックで拡大します>

ウブドにある、Neka美術館に行きました。
ここも電力不足で、展示場は薄暗かったです。
撮影もOKな状態です。ゆるゆるです。
さすがにフラッシュは焚きませんでしたが、
気入った絵をいくつか撮ってきました。

このSAKURAは、
作者が日本で見た桜並木を後々で思い出して書いたものだそうです。
幅3mくらいの大きな絵です。
人の心の中で、桜の木はこんな風になるのだと思いました。
もう一つ、同じ作者が描いた絵が隣りに展示されていました。
この絵も素晴らしい絵でした。

思いがけない出会い。
エネルギー充電120%です、艦長。

Neka美術館
SAKURAの作者:Widayat
スポンサーサイト

[ 2008/01/21 23:23 ] trip | TB(0) | CM(6)
生で、直にみたら、さんさんとパワーが降ってきそうな絵ですね。
写真を見せていただいただけでも、
エネルギーのお裾分けにあずかれました。
ありがとう、です。
[ 2008/01/23 13:56 ] vela [ 編集 ]
velaさん、もう一作も載せたくなってきました。
なんだか、独り占めしているのが勿体なくって。

相手がなんて思おうと、食べ物、音楽、お酒、映画、絵画、本、
なんでも勧めたくなる性分なんです。

7人家族だったから?みんなで食べるとおいしい性分?
velaさんが苺クランキーアイスバーを3本買ったと
書いていたのを読んだとき、
わたしも兄弟の数だけ買っていたのを思い出しました。
[ 2008/01/23 22:34 ] rorie [ 編集 ]
私がバリで時間のない中、ウブドを訪ねたのも、あるアーティストの作品を観るためでした。
ウォルター・シュピースというドイツ人画家で、バリではウブドの美術館に1点だけ油絵が残されています。
この人、バリに骨を埋めるつもりで移住し、現地の人達に絵画を推奨したり、あのケチャック・ダンスを考案したりと、その後のバリ芸術に大きな影響を与えた天才でした。
第二次大戦が激化して、彼は泣く泣くバリを退去させられたのですが(ホモセクシャルの彼はバリにハーレムを築いていたので離れたくなかったのです。悲)、皮肉なことに彼の乗った船を沈めたのは同盟国である日本の潜水艦。私が訪ねた美術館には、そのとき、ほとんど海の藻くずと消えた彼の描いた絵画のモノクロ写真が数点展示してあり、実は、私が観たかったのは、そっちの方でした。
いまはすでに失われた絵画を、これもすっかり褪色の進んだ写真で観るという行為。なにかそれが時の狭間にあるようなウブドの空気にぴったりで、憶い出すと夢だったのではないかと思うことがあります。
[ 2008/01/24 13:14 ] leicacontax [ 編集 ]
leicacontaxさん、ウォルター・シュピースさんの絵、Nekaにもありました。
(leicacontaxさんのコメントを読んで調べて分かったのですが・・)
どちらの美術館に行かれたのでしょう?
うつつのような記憶。
海の底に沈んだ色褪せた絵画の写真とウブドの濃厚な空気が、
記憶に焼き付くときにフィルターになったのかもしれませんね。

わたしもその写真を見てみたいと思いました。
ということは、バリにもまた行かねばならないか。
[ 2008/01/24 22:47 ] rorie [ 編集 ]
こんにちは。
私が行ったのはアルマ(ARMA)という美術館です。
この美術館、敷地が広大な庭園になっていて、コテージスタイルのホテル、目の前に田園が広がるレストラン、野外ステージなんかもあってとても素敵でしたよ。
次にバリへ行ったときには、私、ここのホテルに宿泊しようと思ってるんですが・・・はたしていつになるやら(苦笑)。
[ 2008/01/25 14:53 ] leicacontax [ 編集 ]
やはりアルマなんですか!
今度機会があったら是非いってみたいです。NekaにSAKURAの絵があると知っていたので、Nekaを選んだのですが。
ここも渓流沿いでなかなかよいです。
もし島に行かれたら、是非足を運んでみてください。
今回本当は、チャンディダサという東の村まで行ってみたかったのですが、雨でくじけました。。
たくさん、お題を置いてきてしまいましたね、わたし。
きっと、どこに行ったってそうなんでしょうけど。
[ 2008/01/26 01:27 ] rorie [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。