poco a poco.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

実家の続き。 

すっかり忘れてました。

R2516579.jpg

熊笹。家の裏に群生しています。五月には笹巻きになるのです。

R2516580.jpg


R2516581.jpg


R2516584.jpg


木の枝が分かれ、伸びていく様は美しい。
しかし、木の枝は美しくなろうとしてそうなるわけではない。

生まれ持った記憶の通りに、ただそうなっていく。
美しいと感じるわたしと、そこにそうあるものは、
本来、同じ場所には属していない。

そのようなことを、小説の中に書いた作家をわたしは二人知っています。

スポンサーサイト

[ 2008/01/24 00:24 ] life | TB(0) | CM(2)
私たちが生まれ持った記憶というものもあるのでしょうか。
きっと、あるのでしょう。
それは、この木のように、うつくしいものなのでしょうか。
そうだといいな、と思います。
[ 2008/01/26 20:33 ] vela [ 編集 ]
valaさん、こんばんは。
そうだといいですね。本当に、そうだといいのだけどなあ。
[ 2008/01/27 01:27 ] rorie [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。