poco a poco.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

装幀の本。 

昨日はとある古本屋さんにて、
和田誠さんの「装幀の本」という本を買いました。
93年に出ていた本です。

またまた何時間見ていても飽きない、
何度でも開きたくなる本です。

代表的なタッチがあって、
サンタクロースの冒険

とか、

わらいねことか。

この本、かなりいい状態だったのですが、安くで手に入り上機嫌であります。

講談社の文庫本を買ったときに、
挟まっている栞ちゃん。

ハンプティ・ダンプティ 
へいにすわった 
ハンプティ・ダンプティ 
ころがりおちた 
おうさまのおうまをみんな 
あつめても 
おうさまのけらいをみんな 
あつめても 
ハンプティを 
もとにはもどせない


あのかわいいハンプティ・ダンプティこそ、
和田誠さんのイラストです。

発想も色遣いも自由な和田さん独特の世界なんですが、
決して作品の邪魔をしないんですね。プロだなあ。

日曜日は元町に買い物に行ったのですが、
春節祭で賑わう南京町の人混みに呑み込まれて、吐き出されてしまいました。

R2517105.jpg


R2517108.jpg


R2517110.jpg

このお店なら中華食材がなんでも揃います。

R2517112.jpg


R2517113.jpg


R2517115.jpg

サワディーさんがいたので、ご挨拶。

R2517116.jpg


R2517120.jpg

この左手にあるビルで働いていたことがあります。2坪ほどの小さい事務所。
地震でちょっとだけ傾いていて、机の引き出しを開けるのがらくちんでした。

R2517121.jpg

おされな窓。この界隈にはこういう小洒落たお店が増えました。
お天気雨が降る中、GRは絶不調です。
ADJ.ボタンを押すと9割の確率でロックします。入院かな。



月曜日はとってもよく晴れて、車の中はぽかぽかでした。
R2517128.jpg


R2517136.jpg

ちゃっかり渋滞に巻き込まれる、うっかりさん。

R2517138.jpg

海岸線を走るも、海は見えません。しゃあないから木でも撮るか。

R2517139.jpg

と、おもいきや北風さんに意地悪をされ葉っぱを吹き飛ばされてしまいました。
がぴょーん。

R2517147.jpg

できすぎた風景に突進する雀ちゃん。空気が読めるね。

R2517156.jpg

帰宅して明日も晴れるかなあと、ベランダに出るとうろこ雲。
明日は雨だと確信した瞬間です。

そして、火曜日の今日。
一変して気温は下がる一方。
油断大敵雨霰猫にゃんにゃん。みなさん風邪の予防をしましょうね。

スポンサーサイト

[ 2008/02/12 23:15 ] book,art,etc.. | TB(0) | CM(8)
和田誠さんのイラスト、いいですよねー。
初めて見たのは、多分星新一の本の挿絵か、庄司薫の装丁か、、、。
南京町、すごい人ですね!五香粉の匂いがここまで漂ってきそう。

それにしても、瞬間に葉っぱが飛ばされた木、、、素敵すぎ。


[ 2008/02/13 00:57 ] mai [ 編集 ]
因みに、和田誠の息子はトライセラトップスのウ゛ォーカルの和田唱なのだな。オイラ、親父の方が好きだな。その昔、キョンキョン主演の『怪盗ルビィ』の監督もしてたな。

ところで、rorieちん、元気なの?

♪あしたはとくべつスペシャルデ~♪
[ 2008/02/13 01:01 ] ハタ坊 [ 編集 ]
なんだかとっても、時間の流れを感じる写真です。
って、そりゃ時系列だからだろ、
と言われてしまえば、そうなのですが。
どどーっと「流れ」があります。
勢い、のような。
[ 2008/02/13 02:14 ] vela [ 編集 ]
活気ありますなぁ。もうすぐ春なのに師走みたいですねー。
いいなあ、日本の活気。
トムヤムが食べたくなった!

和田誠さんは色川さんの作品のイメージが強いかな。どこか寂しげなところが好きです。
[ 2008/02/13 02:57 ] barrameda [ 編集 ]
maiさん、あとは、北杜夫さんとかなかにしけいさんとか、、
頭がぱっかり割れてたり、未来都市や怪獣もお手の物ですね。
似顔絵も旨いですよね。野坂さんの顔なんかそっくりです。

北風さん太陽さんに連敗して機嫌悪かったんでしょうね~♪
[ 2008/02/13 12:17 ] rorie [ 編集 ]
旗某さん、和田@息子の話は前にぱつぱつさんに教えてもらった。
レミさんが奥さんだってこともその時に知りました。
そしてそれをもの凄くえらそうに、旦那に言いました。ふふん。
レミさんの本の挿絵は晶ちゃんと率ちゃんになってましたよ。

和田さんの映画、麻雀放浪記が好きです。男っぽいですね。

とくべつスペシャルデ~♪←めっさ楽しそうな歌なんやけど~
[ 2008/02/13 12:22 ] rorie [ 編集 ]
velaさん、わたしがどどどーっと言いながらアップしたからでしょうか(笑)

自分で見直してもなんだか慌ただしいなあって思いました。
二つに分けても良かったんだけど、
なんとなく一つの流れだったんでしょうね。
[ 2008/02/13 12:24 ] rorie [ 編集 ]
barramedaさん、日本と中国の活気がトルネードされてましたよ。広場は警察も出動する混雑ぶりだったようです。
うまく路地裏に逃げたのでわかりませんが。
すぐに警察が出てきたり、一方通行にしたり、、個人の感覚でもう少し防ぎようがないのかなあ。。責任を誰かに押しつけるのは簡単だけど、、身を守る感覚って言うのは自分が動かなきゃ身に付かないと思うのですが。

和田誠さん、寂しげなところ、確かにありますね。
余分なものがないイラストなのに、ちゃんと入るんですね。
絵や写真って本当に不思議です。
[ 2008/02/13 12:34 ] rorie [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。