poco a poco.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

答えのようなもの。 

死生学ってありますよね、死を意識してはじめて
自分の人生はなんだったんだ?
このまま死んでしまっていいのか?
と自分の生の意味を考え始める。という。

多分、カトリック教から生まれたのだと思うのですけども。

夢を「持っている、秘めている、持っていた」人って、
一度はこの死生観のようなものを感じたことがあるのではないかと思うのです。

このまま歳をとっていっていいのか?
このまま何もしないで死んでしまっていいのか?


ある日突然浮かび上がったこの疑問に、
焦って無理に答えを出したりすると、とても苦しいです。

折れますよ、心が(経験済み?わはは。)


自分なりにこの疑問に答えていくとしたら、
決してこの疑問に蓋をせず、
なにかしら「答えのようなもの」を見つけながら生きていくしかない。

つまり、それは一つではないはずだし、
正解もない。

何をやってても、どんな生き方でも死はやってくる。
だから、「答えのようなもの」をできるだけたくさん拾い集め、
ブリキの箱の中に仕舞っていく。
たまに開けると、それは腐っていたり、逃げ出していたり、
見えなくなっていたり、明らかに「答えのようなもの」ではなかったりする。

わたしは、それが嫌い。
わたしは、それが好き。
わたしは、それはやらない。
わたしは、それだけはやる。
わたしは、それを守る。
わたしは、それを許さない。
わたしは、それを通す。


最近わたしがやり通したいと思ったのは、
できるかぎり笑って生きていくってこと。

悲しいときも、辛いときも、怒りに震えているときも、笑える人間でありたいから、
やってみようと思いました。


今回の記事は、
このblogにもコメントを入れていただいている、
velaさんの、
夢は追うべしを読んで、考えたことでした。
スポンサーサイト

[ 2008/03/01 17:44 ] practice | TB(0) | CM(8)
夢、とか幸福って、もし実現したら現実だもんね。
追ってる時がいいのかなー。山のあなた~~。

スマイル0円!
[ 2008/03/01 21:11 ] mai [ 編集 ]
おお、私の名前が。(笑)

夢というか、夢を媒体にして、なりたい自分になっていければ、
それは素敵なことではないかと思いました。
夢、に固執してしまうと、
それはただのしがらみや鎖になってしまいます。
自分を否定せず、肯定もせず、ありのままでいる。
そして、幸せになる。
苦労は買ってでも、っていいますけど、
そんなのいりませんよ。
苦労の押し売り、お断りです。
て、これ今日の記事に書こうと思っていたことです。
あはは。
[ 2008/03/01 22:19 ] vela [ 編集 ]
maiさん、こんばんは。
実現って恐いですね。
その先の方がもっとしんどいのですよ、たぶん。
でもやっぱり実現はさせたいわけだし。

あるのは現実の連なんですよね〜。

朝起きて歯を磨いて、ご飯食べて、
その一個一個が意味を持てば、
おそらくすんごい楽しい毎日。
捨てたもんではないと思うのでござる。

ドロン。
[ 2008/03/02 00:11 ] rorie [ 編集 ]
velaさん、こんばんは。
勝手にリンクはってごめんなさいね。

夢中になっているときは、
苦労を苦労とも思わないときがあるとおもいます。
他人に苦労と思われることはあっても、
本人はそうしなければならないからやっているだけで。

夢、あんまり好きな言葉じゃないんですよね、夢って。
夢のある人や夢を追いかけている人は好きですが、
自分が使うとき、どうも引っ掛かるんですよ。
都合の良い言葉に感じてしまう。

わたしはどこかで、
食えて行けなければ捨てるべきと思っています。
捨てきれないから書き続けているのですけど、
生きていくのに邪魔になるようなことがあれば、
あっさりと捨てようと、どこかで誓っているのです。

自分を否定せず、肯定もせず、ありのままでいる。

難しいことですなあ。
わたしは毎日どちらかをやっちゃってますよ。

悲しいときは泣くべき。わたしもそう思います。
それから笑える人でありたいなあ。と思うのです。
悲しみは共有できるし、笑うことで支え合えますから。

なんだか混沌としてますね、なはなはなはー。

せんだみつお・・  ドロン。
[ 2008/03/02 00:26 ] rorie [ 編集 ]
リンクのこと、のーぷろぶれも、です。
むしろ、うれしいです。きゃはっ。(はしゃぎすぎ)

夢、という言い方、語弊はあるかもしれませんね。
きれいごと、みたいな。
生きて行くのに邪魔になったら、ポイっとして良いと思いますよん。
だって、夢を目的にしちゃったら、夢じゃなくなりますもん。
(ならば、夢を追っている人々はなんだ?獏か?
ということになってしまいますが。
そのあたりはノータッチです。笑)
私には自分の生まれた意味を写真に託したい、
という大それた『夢』がありますが、
それは、おそらく、『夢』という名の、
きっかけなのかもしれません。
だって、実際にその『夢』とやらを実現すべく、
歩き出してしまった訳ですから、
単なる『夢』では済まされないというか、なんちゅうか、ほんちゅうか。 

むーん、やっぱり混沌としてます。
なんだかドエライ問題提起をしてしまいましたなあ。
そんなときは、笑っておきましょ。あはははは。

・・・。

ドロン。
[ 2008/03/02 00:46 ] vela [ 編集 ]
読んでて気付いたけど、オイラ、夢って意識してないです。
やりたいか、やりたくないかだけ。
やりたいからやる。やりたくなければやらない。
めちゃシンプルです。
こんなんで生活出来てるオイラは贅沢なんだと思う。
[ 2008/03/02 01:31 ] ハタ坊 [ 編集 ]
velaさん、単なる夢では済まされない。
そこなんですよね。

なんで小説なんだろう。ですよ。ったく。
ま、好きだからなんでしょうけど。。

なんちゅーか、本中華。あはは。もうおしまい。

ドロン。
[ 2008/03/02 10:44 ] rorie [ 編集 ]
旗帽さん、旗帽さんらしいね。
それでよかじゃないですか。
それこそ個性というのだろうし。
自分で贅沢って思えるって、幸せですやん。

疑惑は晴れてないけどね。
[ 2008/03/02 10:48 ] rorie [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。