poco a poco.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

駅。 

ずっと前、20年以上も前、
わたしにとって駅は特別な場所だった。

そこへいけば、遠くへいける。
切符さえ買えば、ここではないどこかに行ける。
あの小さな駅の改札が、すべての未来へ繋がっているような、
そんな、すごい場所のように感じていた。

eki.jpg



そんなわたしが、
毎日毎日、嫌になるほど駅に行き、
一日に2時間以上も車両の中で過ごすことになるとは。


それにさ、そんなに遠くへも来てないんだったな、わたし。

どこかに行きたい。
相変わらずわたしはそう思うけど、
前と違って必ず帰ってくることがわかるから、
あの、いたたまれないような胸の痛みは、
もう感じられないのかも知れない。

スポンサーサイト

[ 2008/04/14 00:19 ] trip | TB(0) | CM(6)
この写真、しびれるー。
電車がこっちにやってくる!

日常化してしまうと、失われるものってあるね。
[ 2008/04/14 21:22 ] mai [ 編集 ]
maiさん、こんにちはー。
雨の線路ってええですね。傘持ってぼーっとしてたら、きっと心配されたりするんでしょうね。ここは団地妻的に。(←よく意味が分からないですが、なんとなくイメージです。さらっと流してください。はは・・)

失われるまで気づかないというのが、悲しいところなのかなあ。
[ 2008/04/15 12:38 ] rorie [ 編集 ]
線路は続くよ~
どこまでも~
野を越え山越え、谷越えて~

最近毎日歌ってます。
ソムタムの子守唄です。
これを歌うと、気分がよくなるのです。
小さいころは、駅に行って汽車に乗るのに憧れたな・・
[ 2008/04/15 23:20 ] えりんぎぃ [ 編集 ]
線路は続くよどこまでもって、線路は続くよどこまでもっていう題名なのね。ほんでもって、アイルランドの歌なのね。
ほんで、えりんぎぃが歌って聴かせている線路は続くよどこまでもは、たぶんえりんぎぃオリジナルにアレンジされているから、あれだ、大きくなったら歌ってみてもらうのを忘れないようにしないと。
[ 2008/04/16 00:29 ] rorie [ 編集 ]
あれ。
何でオリジナルアレンジってばれてるんだ?
替え歌を通り越してオリジナルソングになってるんだよね~。わは~。
[ 2008/04/18 17:42 ] えりんぎぃ [ 編集 ]
えりんぎぃ、そらばれるわな。
[ 2008/04/21 09:54 ] rorie [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。