poco a poco.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

書き出し其の三。 

これは、ただいま停滞中の出だし。



 畑にいってくると言って玄関で支度をしているはずの父の気配が、消えた。また発作でも起こしているのではないかと、片づけていた茶碗をお膳に戻して玄関へ行った。
 きちんと地下足袋を履いて、上がりかまちに腰掛けていた。玄関の窓ガラスから差し込む夏の朝の日差しが物差しで引いたように地下足袋の二股になった部分に伸びている。
「どうした」
と聞くと、
「こんな鳥ははじめてじゃないか」
という。あらためて外の音に耳をやると、雀や鶯の合間に調子の違う鳴き声が聞こえた。ホトトギスかと思ったけれど、どうも違う。よくよく息を吸い込んだ後で絞り出したような声で四つ鳴く。
「なんだ」
「わからん。渡り鳥が迷い込んだかな。温くなっとるから、南の方のんが移ってきたかもしれん」
「ふうん」
 父はゆっくり立ち上がり、玄関をあけた。朝日をもろに見てしまう。
「今日は何時だ」
「十二時半」
 網戸だけを閉めて、居間に戻った。NHKのニュースがパレスチナへの砲撃が始まったと報じている。台所に茶碗を持っていくと、ほいほいと言って母親が受け取った。お膳を拭き、テレビを消して本を読み始めた。
 ときおり、さっきの鳥が語尾を上げながら四つ鳴いた。
 この山の朝はカナカナがはじめる。まだ薄暗い、少し冷えるような時間にカナカナは鳴く。一匹が鳴き始めると、それを合図に山中のカナカナが鳴き始める。鳥も動物も、この大合唱で叩き起こされるのだと、わたしはいつも思っている。
 カナカナは蝉のくせに暑いのが苦手なのか、昼間にはさっぱり鳴かない。日が昇る前にぴたりと鳴き止み、日が落ちるとまた鳴き始める。
 小さな時にカナカナの死骸を見つけたことがある。薄い緑色をしたその体は、ほとんど透き通っていた。羽の葉脈のような模様はガラス細工のよう光っていて、わたいはしばらくの間それを光にあてたりして眺めた。カナカナは美しかった。宝物にしようと決めて、そっと両手で包み転ばないように気を付けて帰った。
 クウタに見せてやろうと犬小屋の前で手を開くと、クウタは迷わず食べてしまった。
 シャクッと音がした。
 わたしは怒ったけれど、クウタは意味が分からないのかカナカナのいた手の平にお手をしてきた。愛想はいいが、バカ犬だった。

 まったく、まだ6時半にもならない。年寄りの一日は長すぎる。
 ニイニイ蝉が鳴き始めた。今日も暑くなりそうだった。



どんだけ茶碗片づけるの好きやねん、と。
骨格決めないと、これも没になる可能性大。
スポンサーサイト

[ 2008/06/25 18:30 ] practice | TB(0) | CM(6)
前にも書いたんだけど、井上陽水がどれだけ他の歌手と違う声で歌うかが勝負みたいな話。

rorieさんの世界みたいなものが感じられるよ!茶碗、キーワードでいい。
[ 2008/06/25 23:43 ] mai [ 編集 ]
感覚の隙間をぬってきますね。
瞬間瞬間がきれいな模様になってるみたい。
どれもすごく好き。

かなかな、食べちゃった。
ハイジに出てくるヨーゼフはカタツムリを食べてた。
(かんけーないって)
[ 2008/06/26 06:21 ] はる [ 編集 ]
maiさん、こんばんは。
自分の世界って、自分の文体をつくることなんだろうなって思います。

様々な表現の仕方や、切り口や、テーマがあるだろうけど、
やっぱり、文体がすべてな気がします。

行き詰まって、ハムスターみたいに回っている状態の時は、何もしない方がまし。そう思っているけど、なんでかこういうことをしてしまうんです。
[ 2008/06/27 01:07 ] rorie [ 編集 ]
はるさん、こんばんは。
好きといわれて、嬉しいです。
なんとかここを抜け出して、年内に1本は仕上げたいと思っております。

カタツムリですか、日本のはうまいのかな。。

[ 2008/06/27 01:10 ] rorie [ 編集 ]
非日常的な破天荒なオンナが主役の小説が読みたいです!(簡単に言うよー!)
えりんぎぃさんをもっとデフォルメした感じの。

織田作之助なんて好きじゃないですか?
夫婦善哉とか。
彼はあの出だしを書き始めるまで12年かかってます。
[ 2008/06/27 03:18 ] barrameda [ 編集 ]
barramedaさん、ほんと、かんたんにいうよ~(笑)

夫婦善哉、読んだことないです(恥)

日常風景ってどんなに頑張っても手の内にあるものしか書けないから、結果こういう感じになるんでしょうね。

好きな作家さんとはギャップがあった方がいいかな。敢えて避けたりはしませんけど、結果そうなっています。

えりんぎぃですか。
身近すぎてそれほど破天荒には感じないんですよね。
わたしがデフォルメして書いたら、
barramedaさんに違うよ!そこじゃないよ!って言われそう・・(笑)
[ 2008/06/27 09:43 ] rorie [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。