poco a poco.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

テーマ:自由研究。 

自由研究出来る人は本当にすごいって思ってた。
一体どうしたら、そんなことを研究しようと思いつくのか不思議だったし、
模造紙にはいろんな色を使ってきれいにまとめてあるし、
○○さんも、○○くんもすごいなあって、ただただ感心してた。

何年か前の夏。
友達の家に行ったら、
小学校の先生をやっている旦那さんが、自由研究の下書きをしてた。
息子と娘二人分でした。
ずるい。そう思いました。それに、とっても羨ましかった。
旦那曰く、親がやってあげなきゃ子供には無理ですよ。

そうなんだ。

いま冷静に考えると、
我が家ほど自由研究に向いた環境はなかったのではないかと思う。
草木の成長なら庭で出来るし、
鳥とかイノシシとかイタチとか蛇とかカブトムシとかクワガタとか野生がてんこ盛りだったし。

でもそんなものは全く興味がなかった。

わたしは空を見るのが好きで、毎日空の絵を描きました。
これが提出として認められるのなら、
わたしは一回だけ自由研究をやったことになります。

雲一つない晴れの日は、ちょっと薄目のブルーで画用紙を塗りつぶしました。
ちぎれ雲が浮かぶ日は、それに描き足しました。
夕陽がきれいだった日は、夕焼けの変化をいろんな色を使って描きました。
どんより曇った日には、雲が何重にもなるのを微妙な色で描きました。

でも、これを発表するのってどうしたらいいか分かりませんでした。
2・3週間分の空の絵を、ただ捲っていくだけなんです。
「7/31はこんな空でした」
「8/1はこんな空でした」
「8/2はこんな空でした」
「8/3はこんな空でした」
先生は助け船を出してくれず、最後までこれを続けました。
最後のあたりはとっても悲しかった。
みんなも退屈そうでした。

自由研究なんて別にやらなくっていいのにね。
毎日観察するのが自由研究なんて思ってたから、
毎日空を見て、絵を描いていたけど。
本当は一番大好きな空を一枚だけ描けば良かったんだ。

あの頃の自分に言ってあげたいな。
スポンサーサイト

[ 2006/07/31 09:43 ] practice | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。